新卒入社N年目(第二新卒)の退職・転職〜嗚呼、会社辞めたい〜

会社を辞める前にやっておいたほうがいいこと

 

新卒で入社したけど、すでに会社を辞めたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

 

石の上にも3年、とりあえず3年は新卒で入った会社を辞めないで働いたほうがいい、とも言われていますよね。

 

確かに、3年も経たずに辞めるというのはこらえ性がないともみられますし、日本では新卒と言うのはプレミアチケットです。

 

そして、早くに会社を辞めてしまうとまだまだスキルもついていない状態で、次の就職が大変になってしまうんですよね。

 

そういった面でも、会社を辞めたいけど本当に辞めていいのか、二の足を踏んでしまっている人もいると思います。

 

ただ、だからと言って今の状態に甘んじていていいのでしょうか?

 

新卒で3年以内に退職・転職するのもあり

 

人は、現状維持が大好きな生き物です。つまり、リスクはなるべく冒したくないんです。

 

でも、本当にそれでいいんですか?やりたいことがある、また、仮になかったとしても今の辛い現状を変えずにただ耐え忍ぶ生活は絶対に面白くありません。

 

実際私も、毎日が面白くなくてとりあえず会社に行っているような状態を2年ちょっと続けていましたが、残ったのはお金位のものです(これも大切ですけど)。

 

で、その間何をしていたかと言えば、会社を辞めたほうがいいのか、頭の中でぐるぐる考えていただけでした。

 

これは、今振り返ってみると本当にダメでしたね。

 

とにかく、できることから行動に移すべきなんですよ。

 

ただ、会社を辞めたいという気持ちがあっても、焦ってすぐに会社を辞めるという行動を起こすのは避けたほうがいいでしょう。

 

なぜなら、会社を辞めたらやめたで健康保険であったり年金など、もろもろのお金がかかります。

 

それに、転職先が見つからないリスクもあります。

 

なので、切羽詰まった状態、例えば会社にいるだけで涙が止まらなくなってしまったり、休みの日にベッドから起き上がれない・・・

 

そもそも休みがなくて常に脳内がパニック状態になっている、といったことでないのなら、しっかりと退職・転職の準備、キャリアプランを考えたほうがいいですよ。

 

あなたは今、少しでも余裕がありますか?

 

 

まずやるべきことは状況整理と自己分析

 

会社を辞めたいと思い始めたら、まずやるべきことは状況整理と自己分析です。

 

状況整理は、なぜ今の仕事が嫌なのか、その原因が人間関係なのかやりがいなのか、給料なのか、労働時間なのかなどなど、とにかく思いつくことを紙に書きだしてまとめてみましょう。

 

また自己分析では、自分はなぜ働いているのか、何に喜びを持ち、心地よい状態はどういったときなのか、といった事を考えてみましょう。

 

なお、やり方は自己流でもいいですし、自己啓発本であったり関連書籍でもいいです。

 

 

自分の会社を客観的に見てみる

 

自己分析のほかには、自分が今勤めている会社を客観的に見てみることも重要です。

 

例えば、同業他社と比較して給料はどうなのか、残業時間、福利厚生はどう違うのか、などなど。

 

またその他に、社風であったりやりがい、職場環境も合わせてチェックしておきたいところですよね。

 

ではどのようにしてそういった情報を入手するのかと言うと、1つ目は就職四季報など情報誌を使うことです。

 

でも、この方法だとあまり深い、内部的な話は出てこないんですよね。

 

2つ目は、友人などに話を聞くことなんですが、これも得られる情報には限りがありますし、よほど広い人脈じゃないと欲しい情報は手に入りません。

 

そこでおすすめなのが3つ目、転職エージェントを使う方法です。転職エージェントでは、各会社の情報を多くそろえていますし、求職者などからも情報が入ってきますからね。

 

⇒ 有名どころの転職エージェントまとめ

 

ただ、まだ相談まで行きたくはないとか独自で動きたい、という人もいるでしょう。

 

もしそうであれば、キャリコネ転職サービスというのを使ってみてはいかがでしょうか?

 

このサービスでは、実際に各企業で働いている人の口コミが10万件以上見られるんですよ。

 

会員登録する必要がありますが、無料で利用できるので転職活動の手始めに登録してみるといいでしょう。

 

各企業の口コミを見ることで、ここなら自分の求めていることが得られる分かって目標ができるかもしれませんし、逆に自分の状況はまだまだ恵まれているからここでしばらく頑張ろうかな、といった気持になる可能性もありますからね。

 

▼ 10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ転職サービス

 

 

大手の転職サイトでどういった求人があるのかチェック

 

大手の転職サイト、例えばマイナビであったりリクナビに登録して求人情報をなんとなく眺めてみるのもいいでしょう。

 

▼ リクナビNEXTの公式サイトはこちら

 

 

私も、会社を辞めたいと思った段階でマイナビやリクナビなど大手に登録しました。ただ、こういった大手のところは、第二新卒レベルよりも、その先のキャリアの人がターゲットなんですよね。

 

なので、とりあえず登録して求人を眺めたり、転職先選びや面接対策などのコンテンツを見るのはいいですけど、本格的に第二新卒として活動するなら別の転職サイトも合わせて活用したほうがいいかもしれませんね。

 

若者向け転職支援サービスって何?

 

昔は年功序列であったり、新卒で入社した会社で最後まで勤め上げるのが一般的でした。でも、今は違います。

 

なので、ここ最近若者向けの転職サービスがいろいろと出てきているんですよ。

 

若者向けの転職サービスを使うメリット

 

  • 若者の就職事情のデータが豊富にあるので適切なアドバイスが受けられる可能性が高い
  •  

  • 相談を受けてくれるキャリアコンサルタントの年齢が自分と近いことが多く、考えをわかってくれる
  •  

  • 時間がない中で、効率的に情報収集ができる
  •  

  • 相談する中で自分の考えがまとめられる
  •  

  • ミスマッチになる可能性を減らすことができる
  •  

  • 職歴が短いからと言って相手にされない、といったことはない
  •  

  • 職歴が短い人用の求人数が豊富

 

会社を辞めてほかの会社に行っても、またそこでミスマッチを起こすとどんどんしんどい状況になります。

 

なので、余裕が少しでもあるうちに、しっかりと準備をすることが大切です。

 

おすすめの若者向け転職支援サービス3つ

 

いい就職.com

 

第二新卒(+既卒)に特化した就職支援サービスで、すでに12万以上の人が利用しています。

 

また、セミナーも豊富に開催されているので、情報収集にもってこいですね。

 

何よりも一番大きいのは、紹介してくれる企業は、スタッフが実際に足を運んで取材してくれているということです。

 

ミスマッチをなくして若い層がイキイキと働けるようにサポートしてくれる姿勢がみれて、信頼できますね。

 

⇒ 第二新卒向け就職支援サイト「いい就職.com」

 

 

ハタラクティブ

 

20代メインの就職・転職支援サービスを提供する会社です。

 

ハタラクティブならではの非公開求人、コンサルタントが実際に足を運んで調査した会社の求人を紹介してもらえるのも、うれしいポイント。

 

ただ、面談場所が渋谷のヒカリエだけというのは、地方に住んでいる人にとってNGポイントとなってしまいますね。

 

もし首都圏に住んでいる、首都圏での就職を考えて活動しているのであれば、利用を検討してみてもいいと思います。

 

⇒ 第二新卒の就職なら!【ハタラクティブ】

 

 

第二新卒ナビ

 

キャリアカウンセリングであったり面接対策など、20時間を超える手厚いサポートを受けることができるのが特徴。

 

また、サポートの中で入社後の目標を具体的にイメージできるようにしたり、長所・短所を見極めたうえでの転職先の選定ができるようになっています。

 

ちなみに、相談をけてくれるカウンセラーは全員既卒・第二新卒出身で若い(平均年齢26才)なので、話がしやすいのもいいですよね。

 

⇒ 既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】

 

派遣社員から正社員になるのはどうですか?

 

もし、新卒で入った会社がブラックで次も正社員でというのが怖い、その会社に合わせられるのか・自分に合うのかわからないといった悩みがあるのなら、まずは派遣社員として働いてみませんか?

 

もちろん、その派遣先で正社員になれるかどうか、というのは重要です。

 

そこで利用したいのが、紹介予定派遣(派遣期間経過後、派遣先と本人が合意したのちその会社の社員になるというもの)。まずはその会社で一定期間働いてその仕事・会社を見極めることができます。