妊娠・出産を機に退職した女性の体験談

スポンサードリンク

妊娠・出産を機に退職した女性の体験談

 

私は以前まで経理事務として大手企業で働いていました。

 

女性ながらバリバリ働く社会人を目指していたので、2014年に新卒で会社に入社してからは経理事務として一生懸命働いていました。

 

入社してからのこと

 

最初は仕事になかなか慣れませんでしたが、入社してから半年も経つとすっかり仕事にも慣れ少し責任のある仕事も任せてもらえるようになりました。

 

経理事務なので、いっさいの支払いを私が担当しているためかなり責任を感じる仕事でもありました。

 

しかしそんな私が最初に犯してしまったミスは支払い遅延でした。

 

ネットバンキングで支払をしているのですが、支払いボタンを押し忘れてしまっていたために支払いができていなかったのです。

 

支払いができていないということは自分の会社の信用を失うことにもつながりかねないわけです。私はこの事実が発覚してから取引をしている会社にすべて謝罪の電話を入れ後日再び支払いをすることを約束しました。

 

私はこの頃から自分のまかされている仕事内容の重みを理解するようになりました。

 

絶対に失敗してはいけないストレスを抱えて、次第に家に帰ってからもずっと仕事のばかり考えるようになりました。

 

「今日の仕事内容はミスがなかったか」と考えるあまりに夢にまで仕事のことがでてきてしまうほどでした。

 

そしてそんな日々を過ごしているうちに入社してから2年が経ちました。私は大学からずっと一緒に過ごしてきた旦那と結婚をし、会社で辛いことがあっても家に帰ると旦那が暖かく迎えてくれるので私の心のよりどころは家庭にありました。

 

妊娠が発覚

 

そんなある日のことでした。仕事から帰ってくるといつもと違った腹部の痛み。

 

何だろうと思い、トイレに行ってみるといつもと違う色のおりものが出ていました。

 

「もしかすると妊娠?」と思い、急いで薬局に行き妊娠検査薬を買いました。私は家で検査をするのを待ちけれず薬局のトイレに駆け込んで検査をしました。

 

すると検査結果ははっきりと濃い陽性でした。

 

この時の私は正直喜びよりも驚きと不安の方が大きかったのです。産みたい気持ちが強かったのですが、上司からどんな目で見られるのかと思うと次の日に会社に行くのがとてつもなく嫌になりました。

 

しかしまだ病院に行っていないのではっきりとした事実が分かりませんでした。

 

そこで私は会社が休みである週末に1人で産婦人科の妊娠検査をしに行くことにしました。尿検査を終えてしばらくすると先生から結果が言い渡されました。

 

結果は私が思っていたように妊娠していたようで、しかも4か月目に入っていました。もう安定期にも入っているので部署の先輩方や上司に言わなければなりませんでした。

 

私は次の週末に決心をして上司に報告することにしました。何を言われるのかと不安に思っていたら、上司からこんな言葉を言われました。

 

「最近の若い子は母親になるのが早いね。この調子で2人目も3人目も産んだらどうだい。そのころに復帰したら誰かわからなくなってるかもしれないけど。あ、こんなことを言うとマタハラって言われちゃうね。」と笑いながら言うのです。

 

冗談で言っているのか、嫌味で言っているのか分かりませんでしたが、産むこと自体は何も言いませんでした。

 

確かに入社して2年ばかりの私が、妊娠するなんて上司から怒られるのも当然です。しかし私は周りの人からなんて言われようと産むことを決心しました。

 

それからしばらくして、同じ部署の人に改めて妊娠報告をし引き継ぎも徐々にしていきました。

 

私の事情で会社をしばらく休まなくてはならなくなったので産休・育休をとってまた復帰することを上司にも報告しました。

 

周りの先輩方もそれは周知の事実だったのですが、ある日テーブルにあったお茶をさげていると女性の先輩が「あともう少しで会社辞めちゃうんだね。」と言いました。

 

私は復帰しますよ!と言うと、先輩は「みんな出産したらそのまま退職すると言ってたよ」と言いました。

 

明らかに誰かが悪ふざけで違った情報を回していると思いました。私はもう周りの職場の人から必要とされていないんだと思うと本当にこのままやめてしまいたい気持ちになりました。

 

出産後に会社へ行くと

 

それから数か月がたち私も無事出産を終え、手続きの関係で会社に行った時のことでした。

 

久しぶりに職場の人と会うのでかなり緊張していくと、業務上の話だけしてあとはそのまま冷たくかえされてしまいました。

 

これは私を邪魔者扱いしているんだと思いました。

 

それから月日が経ちどんどんと会社に復帰する日が近づいてきました。ここで辞めたら私の負けだと思いましたが、毎日会社の事を考えるたびとても胸が苦しくなりました。

 

きっと会社に復帰してもあんな対応をとられるんだから、いっそやめてしまおうと思いました。

 

退職する前に上司にこの旨を報告すると意外にも分かったと言いました。とりあえず育休の期間いっぱいは在籍してその後に退職をすることにしました。

 

スキルアップのために前からとりたいと思っていた栄養管理士の勉強をしたり、ハローワークにも通いました。私は経理をしていたので意外にも多く求人を見つけることができました。

 

退職してからは本当にやめてしまってよかったのだろうかと思い後悔をしたこともありましたが、子供の顔をみるとやっぱり退職して良かったと思います。

 

きっと復職しても冷たい対応をされるのは分かっていたので、昔していた経理の仕事ではなくこれからは自分がしたかった調理師になりたいと思っています。

 

現在は家で子供の面倒を見ながら調理師になるための勉強をしています。

 

退職するにはかなりの覚悟と将来を見通す必要性がありますが、私のように1人で考えず周りの人と悩みを共有するだけでずいぶん変わってきますよ。



スポンサードリンク

 

関連ページ

入社1年で退職|金融関連会社(支店の営業)勤務だった女性の話
入社1年で退職|金融関連会社(支店の営業)勤務だった女性の話
銀行を退職して経理事務の仕事に転職した女性の体験談
銀行を退職して経理事務の仕事に転職した女性の体験談
新卒入社後3年以内に退職するのはナンセンスと言うのはナンセンス
新卒入社後3年以内に退職するのはナンセンスと言うのはナンセンス
新卒入社後何とか1年耐え抜いて退社
新卒入社後何とか1年耐え抜いて退社
新卒入社後3年目にして待遇の悪さから退職
新卒入社後3年目にして待遇の悪さから退職
誰にも必要とされていない商品を勧めていると思ったから退職
誰にも必要とされていない商品を勧めていると思ったから退職
自分の居場所は初めて入社した会社以外にもある
自分の居場所は初めて入社した会社以外にもある
自分のやりたいこととのギャップを感じて退職
自分のやりたいこととのギャップを感じて退職
我慢すればいいというわけではない!早めの転職も時には必要です
我慢すればいいというわけではない!早めの転職も時には必要です
石の上にも3年ということで新卒入社後耐え続けるというのも考え物
石の上にも3年ということで新卒入社後耐え続けるというのも考え物
雇用形態にとらわれずにやりたい仕事を探した結果
雇用形態にとらわれずにやりたい仕事を探した結果
仕事が嫌だからとすぐに転職を選ぶのは得策ではない
仕事が嫌だからとすぐに転職を選ぶのは得策ではない
新卒で入社したブラック企業を乗り越えて一般企業に乗り換えた結果
新卒で入社したブラック企業を乗り越えて一般企業に乗り換えた結果
在職中に勉強して公務員に転職したけど結果的に転職活動しないほうが良かった話
在職中に勉強して公務員に転職したけど結果的に転職活動しないほうが良かった話