新卒入社後3年以内に退職するのはナンセンスと言うのはナンセンス

スポンサードリンク

新卒入社後3年以内に退職するのはナンセンスと言うのはナンセンス

 

『基本データ』

 

性別:女性

 

いつぐらいに入社したのか(西暦)+在職期間:2009年4月〜2010年9月までの1年半

 

業種・職種:金融・保険業界

 

なぜこの会社に入ろうかと思ったかですが、就職活動のときに特に目標を設けてなかったのと、実家から近ければいいといった単純な理由でした。

 

他にもあったのですが、こちらの会社はとにかく社会人としてのマナーに力を入れているとの就職活動のセミナーの説明でしたので、内定をもらったら、即決したんです。

 

入社後に悩んだこと

 

入社後に悩んだことですが、入社前に聞かされていた話と違ったことです。

 

入社前はみんな生き生きと活発に働いているよう聞かされていましたが、実際は暗い顔をしてロボットのようで、感情がないようにみえました。

 

それは、ワンマンな会社だったので社長の考えていること100%でないと標的にされ、続々とやめていく人が多かったからです。罵倒や人格否定は日常茶飯事でした。

 

私自身も思っていることと、行動と表現が別々だったのでとても悩みました。同じ悩みをもった同期は多かったです。

 

かたやそういった会社でもウマくやって、上からの評価がいい人がいますが、そういった人が裏では不正をしていることが度々ありました。

 

退職を考えるようになった理由

 

退職を考えるようになった理由としては、店舗を全国に200店舗構えていたのですが、だんだんと減っていったことです。

 

また、上記にもありますように、社長の考えに洗脳されて、プライベートにも影響が出るようになってきました。

 

そうしているうちに、しまいには精神が病んでしまったんです。

 

そしてこのまま働いていても評価されることってあるのだろうかという将来への漠然とした不安から、退職したいと思うようになりました。

 

在職中にやったこと

 

在職中悩んでいる間、たくさんの自己啓発の本などを読んだり、いろんなセミナーにも参加しました。

 

気持ちを前向きにする努力をしました。同期や先輩たちにもたくさん相談しました。それが結果的に退職を考えるきっかけにもなりました。

 

⇒ 会社を辞める前にやっておいたほうがいいこと【まとめ】

 

退職に踏み切った理由・決定打

 

退職に踏み切った理由は、うつ病になって3ヶ月ほど休職をしたためです。その間、自己啓発といわれるものを一生懸命しました。

 

そのおかげもあってか一時回復し、復職をしましたが、周りの目はとても冷たく「甘え病」のレッテルがずっとついたままでした。

 

ついには、同じ事務所の人たちから無視や仕事の押し付け、こちらにだけ報告がない、残業を強要されるなどのいじめを受けました。

 

同期も仕事で何か報告、相談するのに「だからお前はクソなんだ、ダメなやつだ」と言われるようになったので、この先何か評価されたり、「甘え病」のレッテルから逃げることはないというのと、このままではもっとおかしくなる、危ないと思ったので、やめることにしました。

 

退職した後に考えたこと・実行したこと

 

退職後しばらくは今までの疲れを癒すように、半年ほどゆっくりすごしました。海外旅行に何度も行き、ずっと取得したかったバイクの免許もとりました。

 

とっても充実した毎日でしたし、気持ちも明るくなっていきました。失業手当をいただくために、定期的にハローワークに通っていました。

 

また、大卒だということでずっと正社員にこだわってましたが、パートや契約社員などの仕事を探したりしてのんびり過ごしました。

 

⇒ 第二新卒で正社員の求人はあるの?正社員になるためにすべきこと

 

現在どのように過ごしているか

 

現在どのように過ごしているかですが、現在は官公庁・非常勤職員(任期3年)を経て大手企業で契約社員として働いています。

 

お給料はいくらか下がりましたが、とってもよい職場環境に恵まれています。

 

退職するまでは「3年は勤めないと人間としてだめだ、ここでやめても他も同じだ」という考えでしたが、そういった執着を捨ててからはかなり楽に考えられるようになりました。

 

⇒ 第二新卒の転職理由は?新卒で入った会社を早くに辞めるのはなぜか

 

「こう考えなくてはダメだ」とか「お前はダメなやつ」なんてことを言われない職場があるんだと、感動を覚えています。というか、それが普通なのかなと思います。

 

私にはここの職場は合いませんでしたが、いい人生経験と仕事の仕方を教えてもらったと思っています。

 

黒部分かも知れませんが、社会ではどんな人が評価されやすいか、どんな振る舞いをすると褒められるか等も理解できたように思います。

 

退職して毎日が生き生きしていて、たくさんの友達にも恵まれました。

 

また、新卒でやめた会社の同期とは1人くらいのしかも既婚の男の子とだけ連絡を取っています。それは在職中も同じ考えでいたことと、彼だけは私を否定したりしませんでした。

 

もちろん変な関係ではなく奥様とも良好な関係を気づいております。他の同期とは全く連絡を取ってませんし、取りたくもありません。興味もありません。

 

自分がつらくなるような仕事は早くやめないと、結局何も残らないんだと思います。

 

また仕事も大切ですし、一生懸命になることも大切ですが、自分を見つめられる時間をできるだけ持って心に余裕を持つことも大切です。

 

若いときだからこそ、心が壊れるようなことをしないでもっと前向きになれるような仕事を選んでおけばよかったと思います。

 

また私は結局一緒に働く人重視なんだとやっと気づけました。それは一社目〜現在の3社目があるからかも知れません。とにかく自分が壊れる前に早めに手を打ってよかったと思っています。



スポンサードリンク

 

関連ページ

入社1年で退職|金融関連会社(支店の営業)勤務だった女性の話
入社1年で退職|金融関連会社(支店の営業)勤務だった女性の話
銀行を退職して経理事務の仕事に転職した女性の体験談
銀行を退職して経理事務の仕事に転職した女性の体験談
新卒入社後何とか1年耐え抜いて退社
新卒入社後何とか1年耐え抜いて退社
新卒入社後3年目にして待遇の悪さから退職
新卒入社後3年目にして待遇の悪さから退職
誰にも必要とされていない商品を勧めていると思ったから退職
誰にも必要とされていない商品を勧めていると思ったから退職
自分の居場所は初めて入社した会社以外にもある
自分の居場所は初めて入社した会社以外にもある
自分のやりたいこととのギャップを感じて退職
自分のやりたいこととのギャップを感じて退職
我慢すればいいというわけではない!早めの転職も時には必要です
我慢すればいいというわけではない!早めの転職も時には必要です
石の上にも3年ということで新卒入社後耐え続けるというのも考え物
石の上にも3年ということで新卒入社後耐え続けるというのも考え物
妊娠・出産を機に退職した女性の体験談
妊娠・出産を機に退職した女性の体験談
雇用形態にとらわれずにやりたい仕事を探した結果
雇用形態にとらわれずにやりたい仕事を探した結果
仕事が嫌だからとすぐに転職を選ぶのは得策ではない
仕事が嫌だからとすぐに転職を選ぶのは得策ではない
新卒で入社したブラック企業を乗り越えて一般企業に乗り換えた結果
新卒で入社したブラック企業を乗り越えて一般企業に乗り換えた結果
在職中に勉強して公務員に転職したけど結果的に転職活動しないほうが良かった話
在職中に勉強して公務員に転職したけど結果的に転職活動しないほうが良かった話