新卒で入社したブラック企業を乗り越えて一般企業に乗り換えた結果

スポンサードリンク

新卒で入社したブラック企業を乗り越えて一般企業に乗り換えた結果

 

男、1995年入社 在籍期間2年半、当時の職種は金融業でした。

 

入社してからの悩み

 

まず入社後、すぐにかなりスパルタな営業スタイルで過酷で悩みました。いくつか書き出してみたいと思います。

 

主な業務は新規顧客の開拓でしたが、これがひたすら電話帳を見て会社に一件、一件電話をかけて営業していくというスタイルでした。

 

そして電話でアポイントメントが取れたら会社訪問して営業していきいます。話を聞いてくれない経営者が多数でしたが、それでも最低一日300件電話しろといわれます。多いときは400件を越える電話営業でした。

 

朝8時半に出社し夕方の19時くらいまでひたすら電話をする日々です。まるで漫画のような世界でした。一応定時は18時と決まっていたのですが時間通りに帰れたのは1週間もなかったとおもいます。

 

実際の定時は23時という暗黙の了解が出来上がっていました。

 

社長のワンマン経営でありえないほどの目標を毎月おろされそれを達成するため全員が無理をします、法律スレスレのグレーゾーンのことをやるような店長は当たり前のような雰囲気でした。

 

そもそもの利息の設定がグレーゾーンとよばれる罰則はないが法定金利以上というものでした。

 

法律上は認められていないがお客さんが自ら払う分には違反ではないというもの。

 

新人のうちは自分の顧客がいないので新規顧客活動のみでしたがだんだん自分のお客さんをもつと顧客管理が任されます。

 

金融業でしたので利息の督促もしなくてはならず、会社が倒産した場合の返済交渉や裁判所での差し押さえ書類の作成等も行っていました。

 

その他、現場に向かって夜逃げしていないかの調査や他の業者に占有されていないかなどを見に行くようなこともあり反社会的な組織もからむこともあり、さらわれてしまうようなこともありえました。

 

辞めたい思いつつ辞められず・・・

 

1年後には新卒の1/3が辞めていました。私自身も2年目くらいで辞めたくなりましたが当時副所長という立場になって所長から「頼むからやめないでくれ」「とりあえず来て座っててくれるだけでいいからやめないでくれ」と懇願されそのままズルズルと続けていました。

 

入社2年で副所長?と疑問に持つ方も多いかと思いますが、当時の平均継続勤務が2年くらいだったので圧倒的多数が新人のような状態で人手がいないという状況でした。

 

一番多いときは年間で700人くらいは新人として採用していたかと思います。そして年間で400人くらいはやめているという有様でした。当時の社員数は2000人くらいのときでしたのでこれは異常事態ともいえます。

 

ひたすらきつかったし、将来的な展望もある会社とは思えませんでした。当時副所長でしたが、なんとしても所長にはなりたくないと思っていたため自分でも先が全く見えていませんでした。

 

どうしても辞めなくてはマズイと本気で思ったきっかけは仲良かった社長とかが借金苦で死んでしまってもあんまり感じなくなったことで自分もちょっとおかしくなってきてるなと自覚したからです。

 

ただ普通に申請しても通らないため無理やり次の就職先を決めて申請しました。

 

当時は一部上場の企業だったのですが、退職してからしばらくたって倒産して会社がなくなってしまいました。

 

法定金利以上を取ってはいけない、また取りすぎた分の利息は返還する義務がある。グレーゾーンの撤廃で成り立たなくなってしまったようです。

 

また社長個人も会社のお金を私的に流用していたとのことで逮捕されていました。

 

転職したけれど

 

一旦やめて就職した次の会社ですが、すぐにやめてしまいました。第一に自分がほんとにやりたかった仕事ではなかったことと、とりあえず最初の会社を辞めたいがために急いで職を決めたためモチベーションが全くなかったことでした。

 

そして辞めてしばらくは失業保険をもらいつつゆっくりしました。ちょっと長すぎるくらいの息抜きでしたがこの期間が一番充実して楽しかったです。

 

この期間に英語の勉強をしてTOEICのAランクの点数をとることができました。

 

無職の期間でしたが、いまでも思い出して良かったなあと感慨にひたることが出来るほどいい思い出になりました。

 

辞めて現在ですが畑違いのIT関連の会社で働いています。たまたま知り合いが紹介してくれてそこの担当の方が自分と同じ大学で境遇も似ていたためほぼ面接もなしに採用となりました。

 

そして休んでいた期間をとりもどすべく人一倍努力しました。新卒のころより勉強し努力したと思います。新しいことを覚えるのと経験のないIT業界へ追いつくのとで一所懸命でしたが不思議とぜんぜん辛くなかったです。

 

この業界もそんなに甘くはなくキツイといわれる面もあるのですが、最初に経験した会社がケタ違いにブラックな会社でしたので比較するとかなり楽です。

 

過酷な環境を経験し乗り越えることが出来たのでかなり強くなったとおもうので悪い面ばかりではなく勉強になったしいい経験だったのかなとも思います。

 

現在の会社は有給休暇も取れるし、用事があるときは定時に帰ることができます。給与はそんなに高くはないのですが自分の時間をとれるようになったことが大きいです。



スポンサードリンク

 

関連ページ

入社1年で退職|金融関連会社(支店の営業)勤務だった女性の話
入社1年で退職|金融関連会社(支店の営業)勤務だった女性の話
銀行を退職して経理事務の仕事に転職した女性の体験談
銀行を退職して経理事務の仕事に転職した女性の体験談
新卒入社後3年以内に退職するのはナンセンスと言うのはナンセンス
新卒入社後3年以内に退職するのはナンセンスと言うのはナンセンス
新卒入社後何とか1年耐え抜いて退社
新卒入社後何とか1年耐え抜いて退社
新卒入社後3年目にして待遇の悪さから退職
新卒入社後3年目にして待遇の悪さから退職
誰にも必要とされていない商品を勧めていると思ったから退職
誰にも必要とされていない商品を勧めていると思ったから退職
自分の居場所は初めて入社した会社以外にもある
自分の居場所は初めて入社した会社以外にもある
自分のやりたいこととのギャップを感じて退職
自分のやりたいこととのギャップを感じて退職
我慢すればいいというわけではない!早めの転職も時には必要です
我慢すればいいというわけではない!早めの転職も時には必要です
石の上にも3年ということで新卒入社後耐え続けるというのも考え物
石の上にも3年ということで新卒入社後耐え続けるというのも考え物
妊娠・出産を機に退職した女性の体験談
妊娠・出産を機に退職した女性の体験談
雇用形態にとらわれずにやりたい仕事を探した結果
雇用形態にとらわれずにやりたい仕事を探した結果
仕事が嫌だからとすぐに転職を選ぶのは得策ではない
仕事が嫌だからとすぐに転職を選ぶのは得策ではない
在職中に勉強して公務員に転職したけど結果的に転職活動しないほうが良かった話
在職中に勉強して公務員に転職したけど結果的に転職活動しないほうが良かった話