入社1年で退職|金融関連会社(支店の営業)勤務だった女性の話

スポンサードリンク

入社1年で退職|金融関連会社(支店の営業)勤務だった女性の話

 

『基本データ』

 

性別:女性

 

いつぐらいに入社したのか(西暦)+在職期間:2007年に入社し、在職期間は1年間

 

業種・職種:金融関連会社、職種は支店の営業

 

元々私の家族が金融関係の会社に勤めていました。

 

家族の話では、金融業界は仕事も安定しており、そこまで多忙ではなく、仕事とプライベートとの両立も出来ると聞いていたので期待していたんです・・・

 

しかし、私の期待はすぐに打ち砕かれることになりました。

 

入社後に悩んだこと

 

最初に違和感を感じたのは、入社直後に行われた新人研修でのこと。

 

周囲の社員ともあまり気が合わず、他の社員たちは概ね愛社精神が高かったのですが、私は全く愛社精神を持つことが出来ませんでした。

 

研修で社歌を無理矢理歌わされ、まるで軍隊のようで、奇妙だなと思うことも。更に、悩んだことは入社前に聞かされていた話と業務内容が違ったことです。

 

元々私は事務希望で入社していました。しかし、会社の方針では女性も全員営業をするとのこと。

 

実際、事務の業務はほんの少しで、電話外交や訪問外交、酷いときは飛び込みなど様々な営業をさせられました。

 

お客様に無理矢理金融商品を営業することで、お客様をだましているような気がして、私は精神的に辛かったです。また、労働条件があまり良くありませんでした。

 

私は、当時の自宅から20分程のところに支店があったので、入社前からその支店での勤務を希望していたんです。

 

しかし、配属先に決められたのは自宅から1時間半程かかる場所で、私は社員の中でも通勤時間がかかる方でした。

 

更に、毎朝朝会という朝礼が8時よりあるのですが、新人はそれよりも早く出社して掃除や支店を開く準備などをしなくてはならず、毎朝5時起き。

 

会社の定時は17時だったのですが、定時に終わることは稀で、大体18時、19時でした。

 

それから帰り支度をして帰宅すると、家に到着する時間は21時。睡眠時間が日常的に不足するような状況でした。

 

また、上司に信頼感を持つことが出来ませんでしたね。

 

なぜなら、上司が店内で他の若い女性社員と不倫をしていたからです。上司に何を言われても説得力がなく、生理的にも受け付けないようになりました。

 

退職を考えるようになった理由

 

退職を考えるようになった理由は、会社の営業によるストレスで不眠症になり、それがきっかけで毎日頭痛が起こるようになったことです。

 

また、睡眠不足による体力劣化が原因なのか、膀胱炎や親知らずが腫れたり、急性胃腸炎など、今までかかったことのない様々な病気にかかりました。

 

精神的にも肉体的にもきつかったです。更に会社の中で数少ない気があっていた友人が他の支店に4人程いたのですが、全員次々と退職してしまったというのもあります。

 

そして、皆転職をして、新しい会社で元気に、楽しそうに働いていました

 

転職先は商社、一流ブランドショップ、監査法人などで、現在の金融関連会社にこだわらなくても選択肢は沢山あると教えてくれたんですよ。

 

元の会社に残っていた他の友人は基本的に営業が苦ではなく、愛社精神の高い人ばかりでしたのであまり話が合わず、愚痴なども言えませんでした。

 

このままこの会社にいても20代の若い時期をムダにしてしまうのではないかと、将来が期待できなくなっていたというのもあります・・・

 

在職中にやったこと

 

在職中にやったことは、(上司へは相談したくなかったので)私の指導係をしてくれていた3つ上の女性社員の先輩に相談したことです。

 

すると彼女も現在の仕事、支店に嫌気がさしており、実は自分も支店の異動願い、業種の変更を出していることをこっそり教えてくれました。

 

私にも、もし本当に辛かったら退職して転職しても良いと思うとすすめてくれました。そこで私は転職サイトへ登録し、転職活動を始めることにしたんです。

 

⇒ 女性向け転職サイト・エージェント

 

退職に踏み切った理由・決定打

 

退職に踏み切った決定打は、だらだらこの会社にいても仕方が無いと思っていたので、3末で退職しようと決めたからです。

 

精神的にもかなり厳しかったので限界でした。

 

私が退職した直後、相談に乗ってくれていた指導係の女性も他の支店に異動していたので、3末のタイミングで退職していて良かったようです。

 

退職した後に考えたこと・実行したこと

 

退職した後は、失業保険の受給を終えてから転職活動をすることにしました。

 

現在どのように過ごしているか

 

退職後、失業保険を受給した後は転職サイトを利用して他の金融関連会社に入社しました。現在は結婚、出産したため専業主婦をしております。

 

私は早い段階で最初に入社した会社を見切り、退職して本当に良かったと思いました。

 

その後、元の会社に残っていた他の友人に状況を聞いたところ、不倫をしていた上司は不倫がばれて他の支店に左遷され、その相手の女性も退職したりとばたばたしていたようです。

 

また社内の方針としても、営業に特化するという姿勢は更に強くなっていったようで、労働環境も実質朝7時半から夜20時くらいになり、残業もつけづらく、体調を崩す社員が沢山でてきたとのこと。

 

もし、入社した会社が自分の思っているものと違っていたのであれば、私は退職、転職を考えるのも一つの手段だと思っています。



スポンサードリンク

 

関連ページ

銀行を退職して経理事務の仕事に転職した女性の体験談
銀行を退職して経理事務の仕事に転職した女性の体験談
新卒入社後3年以内に退職するのはナンセンスと言うのはナンセンス
新卒入社後3年以内に退職するのはナンセンスと言うのはナンセンス
新卒入社後何とか1年耐え抜いて退社
新卒入社後何とか1年耐え抜いて退社
新卒入社後3年目にして待遇の悪さから退職
新卒入社後3年目にして待遇の悪さから退職
誰にも必要とされていない商品を勧めていると思ったから退職
誰にも必要とされていない商品を勧めていると思ったから退職
自分の居場所は初めて入社した会社以外にもある
自分の居場所は初めて入社した会社以外にもある
自分のやりたいこととのギャップを感じて退職
自分のやりたいこととのギャップを感じて退職
我慢すればいいというわけではない!早めの転職も時には必要です
我慢すればいいというわけではない!早めの転職も時には必要です
石の上にも3年ということで新卒入社後耐え続けるというのも考え物
石の上にも3年ということで新卒入社後耐え続けるというのも考え物
妊娠・出産を機に退職した女性の体験談
妊娠・出産を機に退職した女性の体験談
雇用形態にとらわれずにやりたい仕事を探した結果
雇用形態にとらわれずにやりたい仕事を探した結果
仕事が嫌だからとすぐに転職を選ぶのは得策ではない
仕事が嫌だからとすぐに転職を選ぶのは得策ではない
新卒で入社したブラック企業を乗り越えて一般企業に乗り換えた結果
新卒で入社したブラック企業を乗り越えて一般企業に乗り換えた結果
在職中に勉強して公務員に転職したけど結果的に転職活動しないほうが良かった話
在職中に勉強して公務員に転職したけど結果的に転職活動しないほうが良かった話