中規模病院に看護師として勤めていた女性の短期離職での転職体験談

スポンサードリンク

中規模病院に看護師として勤めていた女性の短期離職での転職体験談

 

『基本データ』

 

性別:女性

 

いつぐらいに入社したのか(西暦)+在職期間:2003年に入職し、在職期間は1年10ヶ月

 

業種・職種:看護師として中規模病院に勤めていました

 

入社後に悩んだこと

 

職員に任される仕事の責任が、経験年数に比べ重かったことが多々ありました。

 

先輩付きで新人に重症患者の部屋を任されるのですが、その先輩は観察しているだけで手助けや助言がなく、新人の行動を確認するという責任も果たしてもらえない状況でした。

 

私自身も新人の頃、自分で解決していかなければならないと1人で悩んでしまい、その状況を受け入れる形となり、担当の先輩に気やすく相談も出来ていませんでした。

 

そのほか2年目の看護師にリーダー業務を任せるなど、職員が精神的に負担に感じることが多くあったように思います。

 

上司や医師との関係は悪くはなかったですが、同僚や先輩看護師との関係が良くありませんでした。

 

職員寮住まいだったことから、プライベートでもつながりがきれず、そこでこじれると職場に感情を持ち込んでしまうため、公私混同になって仕事がスムーズにいかないこともよくありました。

 

また、夜勤は7日程度と聞いていたのですが、夜勤が増えても大丈夫です、と伝えたのち、極端に夜勤回数が増えました。

 

勤務の半分から3分の2が夜勤になっている月が多くなり、身体的にも負担が大きくなっていきました。

 

しかし、自分から言い出した反面、減らしてくださいとは言いにくく、またそれも受け入れてしまいジレンマを引き起こしていました。

 

退職を考えるようになった理由

 

人間関係が悪化の一途をたどり、客観的に考えてもいじめや嫌がらせのようなことが増えていきました。

 

仕事は大好きでしたし、誇りに思っていましたが、自分自身の精神状態にも支障をきたしかけており、現状の環境で働き続けることに疑問を持ちはじめていました。

 

新人には担当の先輩を付けてもらえるのですが、その先輩と折り合いが悪く、担当外の話しやすい先輩に質問や話をしていると、なぜ自分に聞かず他の人に聞くのか、何を考えているのか分からないと陰でぼやいているのを聞いてしまうような状況に陥り、関係を悪化させてしまっていました。

 

勉強していても、その知識や技術を確かめてもらうことが難しくなり、最終的には自分の考えや行動が本当に正しいのか、誰に何を聞いたらいいのか、自分のしていることは患者様にとって不利益になっていないかすら分からなくなってきてしまい、自分の看護師としての自信がなくなってきてしまったのが、退職を考えるようになった理由です。

 

そこに比較的仲の良かった先輩から、ここで新人が学べることは少ないので、今後看護師を続けることを考えるのなら、新人扱いしてもらえる年数の内に、教育制度の整った病院に転職した方がいいとすすめられたこともあり、病院を変わって就職しなおすことを考えはじめました。

 

在職中にやったこと

 

いじめや嫌がらせについては、それとなく看護師長へ相談しましたが、やはり自身の思い過ごしと、思いこみすぎなだけであると諭されました。

 

私自身も、自分の看護師としての自信がなくなり、そこにマイナス思考が働いてしまっているのだと、何度も思い返していたので、それほど強く反論も主張も出来ませんでした。

 

ましてや社会人になって、命がかかっている現場で、仕事の中で嫌がらせを受けているとは思ってもいなかったのです。

 

自分の知識・学習が足りていないためにこのトラブルを起こしているのだと考え、スキルアップのための自己学習や実技練習、先輩への問いかけや練習への付き添いのお願いすることもありました。

 

しかしそれぞれ忙しい時間、勤務時間外にまで拘束することはできず、日勤深夜勤務ともなれば8時間後にはまた病棟で勤務が始まるので、早く帰るように促され、一息ついて落ち着いて考えられる間もなく、日々が過ぎていきました。

 

休暇の折、学生時代お世話になった先生方にも現状と今後の身の振り方を相談しにいきました。

 

そこで、自身の状況を見通す能力を評価していただくと共に、それは長所であるが短所ともなることを教えていただきました。

 

仕事もろくに出来もしない新人が、職場の改善点や仕事の流れの不出来を指摘するのですから、それはさぞかしいらだちを覚えたことと思います。

 

でもそれによって自身の問題点も改めて確認することが出来、少し冷静になれました。

 

退職に踏み切った理由・決定打

 

自分の行動がすべて空回りをしている、自分の出勤の際に陰口をきいてしまう、そんなことが重なり、自身の看護師としての存在価値を感じなくなり、ひいては自分自身も信じられなくなってきていました。

 

しかし、3年は同じ所に腰を据えなさい、と学生の頃から教えられていたので、転職や退職自体にも尻込みしていました。

 

⇒ 新卒入社後3年はどんなにつらくても・ミスマッチでも我慢し続けるべきか?

 

自分はここから逃げようとしているだけではないのか、もっと改善できることがあるのではないか、でもこのまま続けることもつらい、という想いが交錯し、自分の中でジレンマを引き起こしていました。

 

最後の方には、勤務以外の時間自宅に引きこもっていました。何もしない時間も増え、出勤することさえつらくなっていました。

 

仲の良い友人も出来ましたが、職場に行くと自分の居場所もなく、またマイナス思考に陥り、このままでは自分自身がダメになってしまう、そのような危機感を抱きはじめました。

 

そんなときに、アウトサイダーな生き方をしていた兄と話す機会があり、相談を持ちかけました。

 

そこで、人生は自分の舞台であること、主人公は自分であるのだから主人公の好きなように演じ、演じる舞台はチェンジしていけばいいことを示してもらい、目から鱗が落ちるようでした。

 

それから少しずつ転職や仕事を辞めることにも前向きに捉え、考えていけるようになっていきました。

 

そして仕事がつらい、続けていく自信がなくなったという理由ではなかなか退職させてもらえなかったこともあり、かねてより取得を考えていた保健師の資格を取る、スキルアップのために進学することを理由とし、受験の前に退職させいただけるように計画を練り、実行しました。

 

退職した後に考えたこと・実行したこと

 

言い訳としての進学ではなく、今後の指針が新たに見え始めたことで、退職後の休息期間はなく、受験勉強の日々となりました。

 

集中することで職場で起こったつらさも忘れることが出来、本来の自分を取り戻しはじめました。

 

そして進学も決まり落ち着いてくると、やはり3年は我慢すべきだったのではないかと何度となく自分に問いかける余裕が出てきましたが、何度考えてもあのときあのまま堪えていては、やはりいい結果にはならなかったのではないかという結論しか出てきませんでした。

 

今をより良く、どう楽しく生きるか、を中心の考えとして動くことで、ふらついていた心も固まっていったように思います。

 

現在どのように過ごしているか

 

あの時点で退職することによって、無事進学することも出来、順調に資格も取得できました。

 

そのため仕事の幅も広がり、当時では看護師免許で働けると知ることの出来なかった職場(保育園など)で働くこともできるようになり、より無理をせず、長く勤めていける穏やかな日々を過ごせています。

 

今から思えば、適材適所でなかったのでしょう。

 

自分も無理をすることで、周囲にも無理をさせてしまい、努力が実らないまま、人間関係までを崩壊させてしまいました。

 

今となればいい経験であり、なくてはならない経過だったといえますが、やはりあのとき退職していて、正解だったと思います。

 

胸を張ってそう言えることが、今が充実している何よりの証拠なので、当時関わってくださった方々にも、今は感謝の思いを抱いています。



スポンサードリンク

 

関連ページ

看護師として働くも職場環境が合わずに退職
看護師として働くも職場環境が合わずに退職
早く行動していれば!ずっと会社を辞めようか残ろうか悩んでいたのがばからしかった話
早く行動していれば!ずっと会社を辞めようか残ろうか悩んでいたのがばからしかった話
医療機器メーカーの初の女性営業職として入社も上手くいかずに退職
医療機器メーカーの初の女性営業職として入社も上手くいかずに退職
新卒3年目で転職した理由と転職活動の流れ
新卒3年目で転職した理由と転職活動の流れ
【動物看護師を辞めたいあなたへ】私が動物病院を辞めて転職した理由
【動物看護師を辞めたいあなたへ】私が動物病院を辞めて転職した理由
転職は周りからの意見・アドバイスや決断するタイミングも重要
転職は周りからの意見・アドバイスや決断するタイミングも重要
新卒3年目で看護師を退職した体験談
新卒3年目で看護師を退職した体験談
このままこの仕事を続けていいのか悩んだ末退職
このままこの仕事を続けていいのか悩んだ末退職
体調を崩して数カ月で退職した体験談
体調を崩して数カ月で退職した体験談
入社前の条件がどんどん改悪されて退職
入社前の条件がどんどん改悪されて退職
労働条件は良かったものの人間関係で鬱になって退職
労働条件は良かったものの人間関係で鬱になって退職
あきらめずにチャレンジすることも大切
あきらめずにチャレンジすることも大切
外資系製薬会社のMRとして就職したのちIT企業へ転職
外資系製薬会社のMRとして就職したのちIT企業へ転職
自律神経失調症になったことなどを受け新卒3年以内に退社
自律神経失調症になったことなどを受け新卒3年以内に退社
逃げの転職はしないほうがいいと思いますよ
逃げの転職はしないほうがいいと思いますよ
とりあえず3年と思ったけど耐えられずに退職した体験談
とりあえず3年と思ったけど耐えられずに退職した体験談
人間関係で退職した看護師の体験談
人間関係で退職した看護師の体験談
介護職を辞め病院の事務職に転職した女性の転職体験談
介護職を辞め病院の事務職に転職した女性の転職体験談
人間関係の悪さなどがって退職したけど正解だった話
人間関係の悪さなどがって退職したけど正解だった話
思っていた以上に職場の待遇が悪くて転職した話
思っていた以上に職場の待遇が悪くて転職した話
新卒入社後3カ月で退職した経緯と退職してからの話
新卒入社後3カ月で退職した経緯と退職してからの話