とりあえず3年と思ったけど耐えられずに退職した体験談

スポンサードリンク

とりあえず3年と思ったけど耐えられずに退職した体験談

 

性別:女性

 

いつぐらいに入社したのか(西暦)+在職期間:2013年から2年11か月

 

業種・職種:医療業界・営業職

 

入社後に悩んだこと

 

新卒として就活をしていた時は、モチベーションも高くバリバリの営業をやりたいと思っていました。そのため医療系の営業職の内定を頂き、研修期間中も頑張っていました。

 

ただ、実際に現場に出てみると、素の自分の性格と合っていない仕事を毎日続けるのが苦しくなってきました。そして私が配属された地域の営業マンは、他社も含めてベテランの男性だらけです。

 

⇒ 今の仕事が自分に向いているのか・向いていないのか悩んでいる新卒のあなたへ

 

もちろん女性だからこそ発揮できた強みもあり、お客様にすぐ覚えてもらえるなど利点は多くありました。

 

ただ、やはり女性特有の悩みもあります。お客様も男性が多かった為、プライベートの話題に事欠かないのは男性の先輩たちです。

 

そこで勝とうとすると、休日返上でゴルフの練習をしてお客様の相手をしたりお酒に付き合う必要があります。

 

それに居心地の悪さも感じましたし、仕事の鬱憤を趣味で晴らしたい私にはどうしても先輩たちのようにプライベート返上での営業活動はできませんでした。

 

そうしたことを相談できる女性の先輩がおらず、相談できる人が身近にいなかったことでどんどん悩みはループしていきました。

 

退職を考えるようになった理由

 

モチベーションの高い就活時期には憧れた仕事でしたが、 自分の生活の一部にするにはきつい仕事だと1年目の段階で気づきました。

 

公私混同は悪いことではないと思っています。先輩たちのように生活の一部に仕事が入ってくるようでも、楽しめているなら良いと思ったので、私もそう思えるような仕事に変えようと考えました。

 

ですが、やはり「とりあえず3年」という言葉は、同じように悩んでいた同期との間でも合言葉のようになって、もう少しがんばろう、もう少しがんばってみようと退職の決意は先に伸ばしていきました。

 

⇒ 新卒入社後3年はどんなにつらくても・ミスマッチでも我慢し続けるべきか?

 

在職中にやったこと

 

会社の自己啓発支援制度をフル活用し、資格取得などスキルップをしました。

 

TOEIC、MOS、簿記試験などです。営業に必要?との声もありましたが、社内でのキャリアアップを目指しているので!というと図らずも社内評価はあがっていきました。

 

退職に踏み切った理由・決定打

 

2年半ほど過ぎたところで繁忙期にそのほかの要因もありいまだかつてないほどの忙しさがやってきました。

 

更に、その時期に会社の統合があり、上司は変わりませんでしたが部署の同僚の顔ぶれがガラリと変わったのです。

 

それまでは日常業務での触れあいが少ないとはいえ、入社当時からかわいがってもらっていた先輩たちとは対面でなくともコミュニケーションはとれていました。

 

しかし、新しい同僚たちとは忙しさもありなかなか交流ができず、それぞれの仕事で精一杯の時期が続きました。

 

雑務の面で聞きたいことがあっても、誰に聞けばよいのかわからないのもストレスでした。更に、新しいメンバーとなっても1番の下っ端はいまだに私です。

 

1番知っている部下ということもあり上司の当たりが厳しくなったのは自分の成長の証と思うようにもしましたが、様々な雑用や質問を受け、コミュニケーション不足による誤解や勘違いのせいでなぜか私が怒られるというようなことが続き、理不尽だと思い始めたら涙が止まらなくなりました。

 

とりあえず3年と思ってやってきたけれど、3年走りきる前に心身ともに壊れたら元も子もないです。

 

営業としてお客様の前でも必死でしたが、社内に戻ってきても全て受け止めなければならない、頼る場所がない状態に耐えられず、繁忙期が終わったタイミングで退職を決意しました。

 

退職した後に考えたこと・実行したこと

 

履歴書にはやはり3年に満たない職歴しか書けないので、次の会社が決まるまで退職をとどまるか、退職してからすぐに転職活動をするか悩みました。

 

結局、すぐに転職活動はせずに地元に帰り、少し休息期間を設けました。心身ともに疲れていたし、何故自分が早々に向いていないと気づいてしまうような職についたのか、しっかり考える時間が必要でした。

 

新卒の就活はある種のイベントのような盛り上がりがありますが、その中で自分も就活の勝ち組にならなければと思っていた部分があったのかもしれません。

 

必死に背伸びをしていて、会社に入っていざ生活と仕事を組み合わせて1人の大人としてやり始めると、とても背伸びは続けられませんでした。

 

自分自身もこれは甘えだと思う部分はありますが、地元に帰って小さい頃やりたかったこと、家族の中での自分、これから家族を持ったらどう働きたいかなど、自分の根幹を見つめ直す作業をする時間が必要です。

 

現在どのように過ごしているか

 

退職後間もないですが、就職活動期間中です。新卒採用と違って一斉に活動するわけではないので、焦らずにやっています。

 

面接ではやはり3年たたずに何故このタイミングで辞めたのか?について聞かれることもありますが、その時はできるだけネガティブにならないよう、自分がこれからやりたいことを明確にして答えるようにしています。

 

今度は長く続けられる、自分の生活として考えられる仕事につけるようじっくりやっていきます。



スポンサードリンク

 

関連ページ

看護師として働くも職場環境が合わずに退職
看護師として働くも職場環境が合わずに退職
早く行動していれば!ずっと会社を辞めようか残ろうか悩んでいたのがばからしかった話
早く行動していれば!ずっと会社を辞めようか残ろうか悩んでいたのがばからしかった話
医療機器メーカーの初の女性営業職として入社も上手くいかずに退職
医療機器メーカーの初の女性営業職として入社も上手くいかずに退職
新卒3年目で転職した理由と転職活動の流れ
新卒3年目で転職した理由と転職活動の流れ
【動物看護師を辞めたいあなたへ】私が動物病院を辞めて転職した理由
【動物看護師を辞めたいあなたへ】私が動物病院を辞めて転職した理由
転職は周りからの意見・アドバイスや決断するタイミングも重要
転職は周りからの意見・アドバイスや決断するタイミングも重要
新卒3年目で看護師を退職した体験談
新卒3年目で看護師を退職した体験談
このままこの仕事を続けていいのか悩んだ末退職
このままこの仕事を続けていいのか悩んだ末退職
体調を崩して数カ月で退職した体験談
体調を崩して数カ月で退職した体験談
入社前の条件がどんどん改悪されて退職
入社前の条件がどんどん改悪されて退職
労働条件は良かったものの人間関係で鬱になって退職
労働条件は良かったものの人間関係で鬱になって退職
あきらめずにチャレンジすることも大切
あきらめずにチャレンジすることも大切
外資系製薬会社のMRとして就職したのちIT企業へ転職
外資系製薬会社のMRとして就職したのちIT企業へ転職
自律神経失調症になったことなどを受け新卒3年以内に退社
自律神経失調症になったことなどを受け新卒3年以内に退社
中規模病院に看護師として勤めていた女性の短期離職での転職体験談
中規模病院に看護師として勤めていた女性の短期離職での転職体験談
逃げの転職はしないほうがいいと思いますよ
逃げの転職はしないほうがいいと思いますよ
人間関係で退職した看護師の体験談
人間関係で退職した看護師の体験談
介護職を辞め病院の事務職に転職した女性の転職体験談
介護職を辞め病院の事務職に転職した女性の転職体験談
人間関係の悪さなどがって退職したけど正解だった話
人間関係の悪さなどがって退職したけど正解だった話
思っていた以上に職場の待遇が悪くて転職した話
思っていた以上に職場の待遇が悪くて転職した話
新卒入社後3カ月で退職した経緯と退職してからの話
新卒入社後3カ月で退職した経緯と退職してからの話