【施工管理はブラック!?】ブラック企業に就職した結果、私の身に起こったこと

スポンサードリンク

【施工管理はブラック!?】ブラック企業に就職した結果、私の身に起こったこと

 

『基本データ』

 

性別:男性

 

いつぐらいに入社したのか(西暦)+在職期間:2015年4月1日入社、2015年4月13日退社

 

業種・職種:施工管理・製缶

 

入社後に悩んだこと

 

記載されていた勤務時間は8:30から17:30となっていたのですが、始業時間は記載通りではありましたが、就業時間は基本的に18時は越えていて、定時に帰ることができませんでした。

 

また、自宅から会社までの距離が50q近くあり定時に帰れたとしても自宅に着くのが9時過ぎとなっており、通勤の為に自動車を購入したため一人暮らしをする予算がなくとても悩まされました。

 

加えて、土日は現場作業があり、勤務時間が6:30から16:30となっていたのですが、実際は6時には出社をして準備をし、現場へ出向き作業をして、現場作業が終われば会社に戻り現場で使った道具の片づけや清掃をしなければなりませんでした。

 

複数現場があり、現場に出たすべての社員が会社に戻ってきてそれをすべて片づけるまでは帰ることができず、就業時間は19時を上回ることもあったんですよね。

 

さらに、2時間以上残業をしたにも関わらず残業手当は1時間分しか出ることがなく、まさにブラック企業であると確信に変わった瞬間でもありました。

 

また、本来管理職と聞いて入社したのですが、現場作業や製缶や整備をやらされてしまい、私自身が昔に患った腰痛が再発することにもなったのがつらかったです。

 

管理等を行っていく上で現場作業の経験は必須ということはわかるのですが、先輩社員の方から入社してからずっと現場作業をしているといわれ、会社説明を受けた内容と大幅に違っていて驚きました。

 

説明会の時には知らされていなかったのですが、この会社が受け持っている現場では大事故に繋がる職務内容が多く、過去に死亡者や大怪我を負ってしまった方がいるとその危険な作業の最前線で働いている先輩社員から聞き、明らかにおかしいなと悩むようになりました。

 

退職を考えるようになった理由

 

上でも触れたように土日の仕事の異常な拘束があることや、社長のワンマン営業で社員の意見は何一つとして取り入れられていない虚しさ、先輩社員からのこの会社の実態を知り、これを定年まで続けていく事ができるかどうかを考えるようになりました。

 

また、現場で知り合った他企業の方や現場作業をするアルバイトの人達に相談し、全員が身体を壊したりする前に考えたほうが良いと言われ、退職を考えるようになったんです。

 

在職中にやったこと

 

在職中には先輩社員に今後について相談したり、また、1か月後に退職するという先輩社員たちなど多くの人に相談しました。

 

相談するようになってからはハローワークの登録や転職サイトへの登録をし、もし辞めた場合今後はどうやって生活していくかなどを考えるようになりましたね。

 

⇒ 後悔しないために使っておきたい転職サイトまとめ

 

退職に踏み切った理由・決定打

 

退職に踏み切った理由としては、一番の理由が私自身の腰痛が再発してしまったことです。

 

この腰痛の再発によって、重い物を扱ったりするのが難しくなったり、かがんで作業をすることがつらくなってきたり、現場でもあまり活躍することができなくなりました。

 

そのことを幹部の方に相談したところ、人事の方などを集め私の今後について話し合い、この会社で腰を悪くして生活が困難になってほしくないという人事の方の考えから、一旦は数日以内に病院に行ってこの仕事を続けていても問題はないかの診断書を貰ってくるという話でまとまりました。

 

しかし、その翌日に専務の方から呼び出しを受け、私の意見や今後について一切考えることはなく自主的に退職をするという形に追いやられて退職することに。

 

このような形で退職したのは残念ですが、多くの先輩社員たちが辞めていく中に残って仕事を続けていくのは絶対にできないと思い辞め方はどうであれすごし安心いたしました。

 

退職した後に考えたこと・実行したこと

 

退職した後は、腰痛を治すために漢方薬やマッサージによる治療を行うための休息期間を設けました。

 

休息期間を設けて思ったことは転職先が見つかるまでどうしようかと思ったのですが、私自身の趣味である楽器の機材をオークションで販売して初任給であった金額と足して、ある程度は安心して転職活動できる状況を作っていました。

 

そして、体調が回復して腰の痛みが引いてきたら、すぐに登録していたハローワークや転職サイトを通じて再び就職活動をしておりますが、今回のようなブラック企業に就きたいとは思わないので、入念に企業について調査した上で応募するようになりました。

 

⇒ 実際に働いている人のリアルな口コミがみられるサイトはこちら

 

現在どのように過ごしているか

 

現在も転職活動中ではありますが、元同僚の方からそのあとに、休みの日が1日無くなってしまったということや、あってはならない暴力事件が起きてしまったことがあり、心から退職してよかったと思っております。

 

入念に調査したうえでたくさんの企業に応募していますが、理由はどうあってもやはりすぐに辞めてしまっているのがネックになってしまい、うまく事が進みません。

 

しかし、実家暮らしで家事手伝いやオークションで販売作業をしながら自分の体調に応じて転職活動をしているので、体調面や精神面ではとても楽になり日常生活に余裕を持つことができました。



スポンサードリンク

 

関連ページ

女性にとって働きやすい会社とは
女性にとって働きやすい会社とは
社内ニートになってから始めた転職活動の結末
社内ニートになってから始めた転職活動の結末
精神的なダメージが積み重なって退職
精神的なダメージが積み重なって退職