マイナスな理由で退職を考えているならもう一度考え直してみることも大事

スポンサードリンク

マイナスな理由で退職を考えているならもう一度考え直してみることも大事

 

『基本データ』

 

性別:男性

 

いつぐらいに入社したのか(西暦)+在職期間:2007年から約2年

 

業種・職種:郵便局、貯金・保険などの窓口業務

 

入社後に悩んだこと

 

私が、郵便局に入社した年はちょうど民営化が始まる年でした。

 

この民営化によって投資信託という新しい勤務の拡大があり、配属した局でも新しくやることになりました。

 

貯金・保険の仕事自体も覚えることが多く日々勉強を重ねながらやっていた状態でしたが、事業拡大に伴い新人だった私も投資信託が扱えるよう資格試験を受けることになりました。

 

金融知識がある程度必要な資格だったため、問題集をひたすら勉強するしかありませんでした。

 

その結果、合格をいただきまして、投資信託の業務を行えるようになりました。

 

このとき私の立ち位置としては、新人なので貯金・保険の業務を行いつつ、投資信託の業務も覚えていくのだなと勝手に思っておりました。

 

しかし、人数が少なく取得している人も少なかったため、私が投資信託の責任者としてやることになりました。

 

投資信託はリスクのある商品なので、説明や手続きなどひとつでも間違えてしまうと証券事故という重い罰則がある為、やること自体非常に怖かったです。

 

別な局で取り扱っている先輩など紹介していただき、コールセンターなどを駆使してやっていきました。

 

しかし、貯金・保険業務もおろそかにできない為、どこに比重を置いたらいいのか自分自身分からなくなっていきました。

 

そこからこの仕事から逃げたいと思うようになり現状の自分が携わっている仕事の多さが悩みとなっていきました。

 

退職を考えるようになった理由

 

上でも触れましたが、貯金・保険・投資信託という3つの仕事をこなさなければならいという不安や責任の重さ、窓口でのお客様応対から別な接客に関する仕事もやってみたいという気持ちもありました。

 

私自身この件で悩んでいることが、局にも伝わったようで投資信託のエキスパートの人を異動させる、保険業務での人員が薄かった為、新しい人をいれて業務の回転率をあげるなどの対策はしていただきました。

 

しかし新卒のときにこの3つの業務をこなさなければならないという不安感が自分の中でどうしても残っていた為、また同じことが起こるのではと考えるようになり、退職を決意し始めました。

 

在職中にやったこと

 

郵便局独自の資格ですが、接客に関するマナー検定を行っており、私もスキルアップの為受け、合格をいただきました。

 

入社半年のときに投資信託の業務に必要な「証券外務員2種」の資格を受験し、なんとか1発合格で取得することができました。

 

退職に踏み切った理由

 

一年たった4月にこの局でずっとこのままやることになるなら退職したほうがいいと思った点と、転職サイトで第二新卒ことを知り、このタイミングならまだ第二新卒として他の企業を受けることができるのではと思い退職を申し入れました。

 

⇒ 第二新卒で正社員の求人はあるの?正社員になるためにすべきこと

 

退職後に実行したこと

 

早く現状から逃げたいという理由もあり、転職先が決まらないまま退職が受理された状態でした。

 

方向性としては販売業としてやっていくという道は決めていましたが、どこを受けるかまだ決めていなかった為、有給消化の時に転職活動をし、アルバイトとしての雇用形態でしたが、スポーツ関係の販売業に就きました。

 

現在の過ごし方

 

現在は地元で、技術職として仕事をしております。

 

郵便局からかけ離れた業種になった理由としては、これまで転職を何度か繰り返し、いやなことはあったらすぐ辞めてしまうという負のループに陥ってしまった点、社会人になって数年たち自分の生活環境にも色々な変化があったため地元で別な業種として働くことを決意致しました。

 

もし新人で体験したあの過酷な状態でももう少し踏ん張って仕事をこなしスキルをあげていけば、もっと違った道も見えたのかなと思っております。

 

また年数を重ねれば異動や郵便局内でも違う仕事に巡りあえた可能性があったので、正直郵便局を退職したことは今後悔している部分はあります。

 

もちろん転職したことにより新しい仕事に携わり色々な視野が広がって幅が出たこともあるので、すべて否定できるものではないと感じます。

 

しかし、単に仕事がきつくなったから逃げたいや辞めたいという気持ちで退職をしてしまうと、また同じ状況下になったときに同じ選択をしてしまう可能性が高くなります。

 

仕事を経験していくうちに感じたことは、どの仕事でもきつい時や辞めたいと思うときが一度や二度は必ず来ると思います。

 

その時に一度立ち止まってよく考え、安易に辞めるべきではなく踏ん張れるところは踏ん張ってやってみるという考えが大事。

 

またひとつの仕事でも石の上にも3年と言われますが、まず3年やってみないとその仕事の本質が見えないことがあります。

 

⇒ 新卒入社後3年はどんなにつらくても・ミスマッチでも我慢し続けるべきか?

 

いずれ退職を考えているのならまずは3年続けてみるという気持ちをもつことです。

 

何度も転職を繰り返した私の体験談なので、参考にならない部分もあるかと思いますが、もしマイナスな理由で退職をお考えの方がいらっしゃいましたらこの記事をご参考にしていただければ幸いです。



スポンサードリンク

 

関連ページ

新卒で入社した会社は不信感が募り約2年で退職
新卒で入社した会社は不信感が募り約2年で退職
押し売りのような勧誘に嫌気がさして退職
押し売りのような勧誘に嫌気がさして退職
自分のキャリアパスを考えて早い段階で転職するのもあり!
自分のキャリアパスを考えて早い段階で転職するのもあり!
家庭の事情でやむなく退職
家庭の事情でやむなく退職
新卒入社の会社にしがみつくのも考え物です!!
新卒入社の会社にしがみつくのも考え物です!!
自分のやりたいことができる環境を求めて転職活動を開始!
自分のやりたいことができる環境を求めて転職活動を開始!
いわゆるブラック企業に新卒で入ってしまったら早めに辞めるが吉
いわゆるブラック企業に新卒で入ってしまったら早めに辞めるが吉
結婚式や葬儀などを執り行う会社から転職した女性の体験談
結婚式や葬儀などを執り行う会社から転職した女性の体験談
人間関係に悩んで退職した女性の体験談
人間関係に悩んで退職した女性の体験談
旅行会社の営業で転職した女性の体験談
旅行会社の営業で転職した女性の体験談
仕事が暇でやることがないことに耐えられず転職した体験談
仕事が暇でやることがないことに耐えられず転職した体験談
激務で退職したけど第二新卒の枠で転職できた話
激務で退職したけど第二新卒の枠で転職できた話
人間関係は良好も業務内容などに不満を持って退社
人間関係は良好も業務内容などに不満を持って退社
嫌な人が自分の上司になってストレスが消化できなくなって退職
嫌な人が自分の上司になってストレスが消化できなくなって退職