いわゆるブラック企業に新卒で入ってしまったら早めに辞めるが吉

スポンサードリンク

いわゆるブラック企業に新卒で入ってしまったら早めに辞めるが吉

 

『基本データ』

 

性別:男性

 

いつぐらいに入社したのか(西暦)+在職期間:2013年2月〜2013年8月まで

 

業種・職種:リサイクル業(テレアポインター)

 

入社後に悩んだこと

 

まず初めに悩んだことは、福利厚生の悪さでした。年間休日は70日程度で有給休暇は無し、ボーナス無しと言う労働条件は明らかに労働基準法に違反するのではないだろうかと思ったの事が一つ目の悩んだことです。

 

二つ目は職場環境の悪さでした。オフィスでは常に怒鳴り声が響き渡り、電話口のお客さんに不審に思われる事は日常茶飯事でした。

 

また朝礼では営業成績の悪い人を名指しで罵倒し、私たち新入社員の見ている前で土下座を強制された人もいました。

 

社員の入れ替わりも非常に激しく、入社3ヶ月で先輩社員は3分の1以下に減り、まだ新人であった私たちが新しく転職してきた人たちに仕事を教える状況はおかしいのでは無いかと悩みました。

 

⇒ 新卒で入社したその会社、もしかしてブラック企業ではないですか?そんなときにあなたがとるべき行動をチェック!

 

退職を考える様になった理由

 

退職を考えた理由としては3つあります。

 

元々社員を『使い捨て』としか考えていない会社でしたので、新人教育等をされたことは無く、また仕事を通じて学べるスキルが限りなく少なかった為、このまま勤めていてもスキルアップは望めないと思ったのが退職を考えたのが一つ目のきっかけでした。

 

2つ目は入社後3年以内であれば、第二新卒としての採用枠が有りますが、それを過ぎてしまったらスキルと実績が無いと転職は難しくなると考え、早めに転職をしてしまおうと考えた事が退職の理由です。

 

3つ目は詐欺紛いな営業方法を社員に強制したり、保険や労災に未加入の状態で仕事をさせる等、法に違反するような行為が多かったことです。

 

このままこの会社に居ては将来的に大変な責任や賠償を負わされるのでは無いかという不安があった為、早くに別の会社に行きたいと思っていました。

 

在職中にやったこと

 

転職に当たって、まずは複数の転職サイトへの登録をしました。

 

プロフィール機能を用いれば自分を気に入ってくれた企業からのオファーが届く事も有りましたので、活動はし易かったと思います。

 

また同時進行で進みたい職種の勉強も始めました。第二新卒はスキルや経験よりもやる気やポテンシャルを見てくれる企業が多く、また専門知識が増えるほどに、面接での対応もし易くなりました。

 

当時の会社を辞める際は、余り波風が立たない様に、まずは先輩社員に相談し、先輩の口から上司へ、上司の口から部長へ、部長から人事へ、と言った形で、間に何クッションも入れる事でなるべく穏便に話を進められる様にしました。

 

⇒ 後悔しないために使っておきたい転職サイトまとめ

 

退職に踏み切った理由・決定打

 

退職に踏み切った一番の理由は、転職先が見つかった事でした。

 

会社を辞めてからの転職活動よりは、在職中に転職活動を行った方が有利になると思っていたので、転職先が決まった事を機に退職を決定しました。

 

また内定を貰った企業は、小さいながらも福利厚生や労働条件がしっかりしている、所謂『ホワイト企業』であったことも退職を決定づけた理由になります。

 

退職した後に考えたこと・実行したこと

 

退職後は数日の間休息期間を設けました。前職では休みなく働かされてきましたので、この休息中に自分の心の整理をしておきたかった事が理由に挙げられます。

 

心に余裕が出来ると、今まで気が付かなかった事が心に浮かんで来るようになります。

 

自分が望んでいる事やこれからの事、そういった事を休息の間に出来るだけ片づけておくと、新しい仕事に打ち込める様に様になりますし、もしかしたら別のやりたい事が見えてくる事も有るかもしれません。

 

また休息中に新しい仕事について必要な限り調べたり、勉強をする様にしました。

 

入社後に研修が有るとはいえ、事前知識があると無いとではその後の仕事の覚えの速さに違いが出ると思ったからです。

 

その他には役所での手続き等も休みの間に終わらせておきました。税金や保険の手続き等は数日間が空いただけでも後々面倒な事になりますので、手続きはきちんと済ませる様にしました。

 

退職日の翌日に入社日が来るように調整しておけば面倒は無いのでしょうが、休息期間を設けた事は良かったと思っています。

 

現在どのように過ごしているか

 

現在では転職した会社を辞めて、フリーランスで仕事をしていますが、あの時転職を決意したことは良かったと思っています。

 

私が現在している仕事は、転職先で学んだスキルと経験で行っている事が殆どである為、転職をしなかったらこうしてフリーランスで仕事は出来なかっただろうからです。

 

折角新卒で入社した会社なのだからと、あのままズルズル会社にしがみ付いていたら、私は何のスキルや経験を得られないまま年だけを無駄に過ごしていたかもしれません。

 

そう思うとゾッとします。例え社会人になっても、3年以内であれば『第2新卒』としてスキルや経験が無くても採用の可能性は高くなりますから、転職を考えた事は正解だったでしょう。

 

⇒ 新卒入社後3年はどんなにつらくても・ミスマッチでも我慢し続けるべきか?

 

若いうちに様々な経験をする事は後々自分の為になりますので、そういった意味でも転職活動をしたことは良かったと思えます。



スポンサードリンク

 

関連ページ

新卒で入社した会社は不信感が募り約2年で退職
新卒で入社した会社は不信感が募り約2年で退職
押し売りのような勧誘に嫌気がさして退職
押し売りのような勧誘に嫌気がさして退職
自分のキャリアパスを考えて早い段階で転職するのもあり!
自分のキャリアパスを考えて早い段階で転職するのもあり!
家庭の事情でやむなく退職
家庭の事情でやむなく退職
新卒入社の会社にしがみつくのも考え物です!!
新卒入社の会社にしがみつくのも考え物です!!
自分のやりたいことができる環境を求めて転職活動を開始!
自分のやりたいことができる環境を求めて転職活動を開始!
マイナスな理由で退職を考えているならもう一度考え直してみることも大事
マイナスな理由で退職を考えているならもう一度考え直してみることも大事
結婚式や葬儀などを執り行う会社から転職した女性の体験談
結婚式や葬儀などを執り行う会社から転職した女性の体験談
人間関係に悩んで退職した女性の体験談
人間関係に悩んで退職した女性の体験談
旅行会社の営業で転職した女性の体験談
旅行会社の営業で転職した女性の体験談
仕事が暇でやることがないことに耐えられず転職した体験談
仕事が暇でやることがないことに耐えられず転職した体験談
激務で退職したけど第二新卒の枠で転職できた話
激務で退職したけど第二新卒の枠で転職できた話
人間関係は良好も業務内容などに不満を持って退社
人間関係は良好も業務内容などに不満を持って退社
嫌な人が自分の上司になってストレスが消化できなくなって退職
嫌な人が自分の上司になってストレスが消化できなくなって退職