嫌な人が自分の上司になってストレスが消化できなくなって退職

スポンサードリンク

嫌な人が自分の上司になってストレスが消化できなくなって退職

 

『基本データ』

 

性別:女性

 

いつぐらいに入社したのか(西暦)+在職期間:2010年に新卒で研究職に就き、その2年半後に退職

 

業種・職種:研究職

 

28才の女です。

 

私は、2010年に新卒で研究職に就き、その2年半後に辞めました。

 

入社後に悩んだこと

 

私が新卒で入社した会社は、前々からずっと入りたかった会社で、猛勉強をして内定を頂きました。

 

内定を頂いた時の喜びは今も忘れません。

 

私が配属になった部署は、4人態勢で、上司2人(男)と先輩1人(女)でした。

 

最初に私の直属の上司になった方は、「人生において会社にいる時間は長いから、あなたがいい環境と思えるように僕も努力しますね。」っといって下さったことからわかるように、本当にいい方でした。

 

仕事中も、よくコミュニケーションをとってくださったり、一緒にご飯をいったりと本当に信頼できる上司でした。

 

そんな方と一緒に働けていたのもあって、入社して1年ほどは、仕事が楽しくて楽しくて仕方がありませんでした。

 

あまり勉強家ではない私ですが、早く一人前になりたかったので、本屋に行き専門書などを買って自己啓発に努めたぐらいです。

 

その甲斐あって、会社でもその頑張りを評価して頂き、ほとんどの仕事を任せて頂けるようになりました。

 

今思い出してもこの時は本当に楽しくて輝いていたなと感じます。

 

私が職場に違和感を感じ始めたのは、1年過ぎたぐらいからです。先輩と合わないなと気づいたのです。

 

気づいた時点では、仕事に支障をきたしたりしていなかったので、あまり気にしないようにしていました。ただ、先輩の言動に理解ができずストレスはたまっていました。

 

例えば、消耗品の発注をした時、先輩に教えてもらった通りにやったら間違っていたらしく、担当者に私が怒られ、そのことを先輩に報告すると、「やり方が変わったんだったー」と言われただけで、謝罪の言葉もありませんでした。

 

ほかにも、みんなで話している時に、私がセクハラだと感じていないようなことでも「セクハラ」と騒ぎ立てて、場を凍てつかせたりされました。

 

一つ一つを聞けば、我慢できることだと感じると思いますが、理解できないことが日常茶飯事に起きるのです。

 

私自身、徐々にストレスが溜まっていたので、直属の上司に相談したところ、「僕もあいつには手を焼いている」と言われました。そして「あなたに嫉妬しているんだと思う。」とも。

 

そこから、上司と愚痴の大会(笑)上司も相当たまっているようでした。

 

その後、直属の上司がその先輩に対して日々の行動や先輩としての自覚を持つように怒って下さいましたが、変化なし。そんな感じが1年ほど続きました。

 

そんなときに、その先輩が昇格して私の上司になったのです。ここからが本当に最悪でした。

 

今まで教えてもらったことは、ほぼ否定され、それを抗議すると不貞腐れるの繰り返し。「いくつだよ!」と思いながら私もたまに感情的に怒ったりもしましたが、なんの効果もなしでした。

 

その人が上司になってからというもの、仕事が苦痛になってきて辞めることを考え始めました。仕事自体は好きでしたが、研究職なので異動がないのです。

 

そのため、その人が定年を迎えるまで一緒に過ごし、指導を仰がなければならないことに絶望を覚えたのです。

 

そこからは、毎日が精神修行のようでした。

 

会社に行ってはストレスがたまり、胃が痛くなったりもしました。

 

会社を辞める踏ん切りはなかなかつかず

 

それでも、なかなか辞める踏ん切りがつきませんでした。まず、会社の福利厚生がよく、年収も一般より高かったこと。なによりも私自身資格を何ももっていませんでした。

 

そのため、再就職できるのかどうかの不安で行動を起こせませんでした。

 

⇒ 新卒入社後3年はどんなにつらくても・ミスマッチでも我慢し続けるべきか?

 

でも、あるときこのままだと精神病になるかもしれないと感じたのです。もし精神病で仕事を辞めることになれば、社会復帰が大変になるだけでなく、私の人生が変わってしまうと思ったのです。

 

それを思ってから、頭の中は退職のことでいっぱいでした。

 

退職を切り出しにくくて、何日か経過しましたが、「行動を起こさないと先に進めない。」と思い、まずは前の直属の上司に報告しました。泣きながら報告です。

 

そこから、何回か話し合いは設けられましたが、揺らぐようなそぶりを見せないようにし、退職することになりました。

 

退職までの間は、辞めていいのかどうか悩んだり、寂しいなという思いもありましたが、結構あっという間に過ぎていきました。

 

周りの方々も、気を使いつつでしたが、私が気持ちよく辞めれるように努めてくださいました。本当に感謝です。

 

こんな感じで退職に至りました。

 

退職した後のこと

 

退職した時点で転職活動はしておらず、まずは今まで自分が頑張ったご褒美に旅行に行くと決めていました。このために貯金をしていたのです(笑)

 

2週間ほど海外旅行に行き、贅沢にリフレッシュしました。

 

それからもお金が許すまでゆっくりし、就職活動を始めました。少し難儀しましたが、無事に就職することができました。

 

再就職先の会社は、給料などは前より低いですが、また仕事の楽しさを感じることができた上に、人間関係も良好でした。

 

そのあと結婚をし、引っ越しすることになったので、なくなく退職しましたが^^;

 

今考えて思うことは、新卒で入った会社を辞めるという選択肢は間違ってなかったということです。

 

仕事内容も大事ですが人間関係も大事なので、もっと早くに辞めておけばよかったと後悔しています。会社を辞めることは後退ではなく、前進だと思います。本当に辞めてよかったです。



スポンサードリンク

 

関連ページ

新卒で入社した会社は不信感が募り約2年で退職
新卒で入社した会社は不信感が募り約2年で退職
押し売りのような勧誘に嫌気がさして退職
押し売りのような勧誘に嫌気がさして退職
自分のキャリアパスを考えて早い段階で転職するのもあり!
自分のキャリアパスを考えて早い段階で転職するのもあり!
家庭の事情でやむなく退職
家庭の事情でやむなく退職
新卒入社の会社にしがみつくのも考え物です!!
新卒入社の会社にしがみつくのも考え物です!!
自分のやりたいことができる環境を求めて転職活動を開始!
自分のやりたいことができる環境を求めて転職活動を開始!
マイナスな理由で退職を考えているならもう一度考え直してみることも大事
マイナスな理由で退職を考えているならもう一度考え直してみることも大事
いわゆるブラック企業に新卒で入ってしまったら早めに辞めるが吉
いわゆるブラック企業に新卒で入ってしまったら早めに辞めるが吉
結婚式や葬儀などを執り行う会社から転職した女性の体験談
結婚式や葬儀などを執り行う会社から転職した女性の体験談
人間関係に悩んで退職した女性の体験談
人間関係に悩んで退職した女性の体験談
旅行会社の営業で転職した女性の体験談
旅行会社の営業で転職した女性の体験談
仕事が暇でやることがないことに耐えられず転職した体験談
仕事が暇でやることがないことに耐えられず転職した体験談
激務で退職したけど第二新卒の枠で転職できた話
激務で退職したけど第二新卒の枠で転職できた話
人間関係は良好も業務内容などに不満を持って退社
人間関係は良好も業務内容などに不満を持って退社