退職したらやらなければいけないこと・その手続き

スポンサードリンク

退職したらやらなければいけないこと・その手続き

 

退職したらそれで終わりというわけではなく、いろいろとやるべきことがあります。

 

そこで、ここでは退職後にやるべきこと・手続きについてご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

健康保険の手続き

 

退職したら健康保険の切り替えが必要になるのですが、3つの選択肢があります。

 

一つ目が任意継続被保険者になる、二つ目が国民健康保険、そして三つ目が家族の被扶養者になる、です。

 

任意継続被保険者

 

退職したとしても、引き続き健康保険組合に加入できる(期間は2年間)制度です。

 

国民健康保険

 

国民健康保険に切り替えるのなら、手続き期限は退職後14日以内で、手続きずる場所は市区町村役所の国民健康保険担当窓口となっています。

 

支払金額は各市町村によって異なるので、個別に確認するようにしましょう。そして、試算してもらった金額と、任意継続被保険者での金額を見比べて、安い方を選択するといいですね。

 

家族の被扶養者

 

家族の被扶養者になれば保険料はかかりませんから、負担は無しとなります。

 

ただ細かな審査や条件があるので、その点は確認しておく必要にしましょう。

 

年金の手続き

 

年金の手続き期限は退職後14日以内で、手続きする場所は市町村役所または役場の国民年金窓口です。

 

そこで国民年金への変更をするのですが、収入が減って支払いが難しい場合は納付額の免除や減額の申請をする必要があります。

 

転職先がすでに決まっている場合は、転職先に相談してください。

 

失業保険の手続き

 

失業保険をもらうためには、離職票(退職して10日以内に会社から送られてくる・渡される)と雇用保険被保険者証(退職するときに会社からもらう)を持ってハローワークに行く必要があります。

 

また、失業手当がもらえるまでの期間は退職理由などによって変わってきますので、しっかり確認しておくようにしましょう。

 

失業保険をもらうための条件は?

 

失業保険は誰でももらえるわけではなく、雇用保険に加入している(離職するまでの過去2年間で12カ月以上の被保険者期間があること)必要があります。

 

※ リストラや倒産といった個別の事情があれば別ですが、自己都合で1年未満の加入期間での退職の場合、失業保険はもらえません

 

また、受給条件として働きたいのに失業状態であること(就業意欲がある)も条件となっているので、失業保険を受給している間は就職活動をしていることが必要(ハローワークの利用など)です。



スポンサードリンク

 

関連ページ

新卒入社1年目で会社を辞めたい・退職したい人へのアドバイス
新卒入社1年目で会社を辞めたい・退職したい人へのアドバイス
新卒入社2年目で会社を辞めたい・退職したい人へのアドバイス
新卒入社2年目で会社を辞めたい・退職したい人へのアドバイス
新卒入社3年目で会社を辞めたい・退職したい人へのアドバイス
新卒入社3年目で会社を辞めたい・退職したい人へのアドバイス
新卒・新入社員だけど社内ニートで苦しんでいるあなたへ
新卒・新入社員でそれなりに仕事を頑張ろうとしている、だけどやることがなくて社内ニート状態になっているからつらい、という人もいるでしょう。もし苦しんでいるのであれば、この記事をご覧下さい。
新卒・新入社員のための会社の辞め方(退職願の書き方など)
新卒・新入社員のための会社の辞め方(退職願の書き方など)
会社を辞めたい新卒は一度上司に相談してみよう
会社を辞めたい新卒は一度上司に相談してみよう
「この会社で頑張れないと何処に転職してもがんばれない」は本当?
「この会社で頑張れないと何処に転職してもがんばれない」は本当?
今の仕事が自分に向いているのか・向いていないのか悩んでいる新卒のあなたへ
今の仕事が自分に向いているのか・向いていないのか悩んでいる新卒のあなたへ
自分に向いていない仕事を続けるのはどうなの?
自分に向いていない仕事を続けるのはどうなの?
新卒で会社・仕事を辞めたいけどその後とどうしよう・・・と悩んでいる方へ
新卒で会社・仕事を辞めたいけどその後とどうしよう・・・と悩んでいる方へ
新卒ですでに転職したいけど本当に転職しても大丈夫?
新卒ですでに転職したいけど本当に転職しても大丈夫?
新入社員のための正しい・きれいな会社の辞め方
新入社員のための正しい・きれいな会社の辞め方
【雇用保険が受け取れない人必見】求職者支援制度を賢く利用しよう
【雇用保険が受け取れない人必見】求職者支援制度を賢く利用しよう
仕事辞めたい病・会社辞めたい病との付き合い方
仕事辞めたい病・会社辞めたい病との付き合い方