新卒・新入社員だけど社内ニートで苦しんでいるあなたへ

スポンサードリンク

新卒・新入社員だけど社内ニートで苦しんでいるあなたへ

 

新卒・新入社員で社内ニートになってしまった、という方もいるのでは?

 

社内ニートというのは、会社にいるものの仕事がほとんどなくやることがない、ニートのような状態のことを指します。また、別名オフィスニートとも呼ばれているんですよ。

 

実際私も社内ニートの状態になったことがあるんですけど、本当につらいものです。

 

仕事しないでお金がもらえるならいい、といった意見もありますけど新卒・新入社員でその状態だとスキルも身につかず将来に大きな不安があります。

 

それに、やることがないっていうのは想像以上にしんどいものなんですよ。周りがせわしなく動いたり何かしらしているとき、自分はやることがない、かといって寝たりするわけにもいかずその場を取り繕う。

 

これが何時間も続けば(しかもこれが毎日)、それはそれはしんどい、気持ちを折られまくる地獄のような状況になります。

 

社内ニートのメリット・デメリット

 

自ら進んで社内ニートになろうという人はいないと思いますが、ここでは社内ニートのメリットとデメリットについてまとめてみたいと思います。

 

現状社内ニートだけど、あまり危機感はないという場合もどういったデメリット・弊害があるのか知っておくことは必要です。

 

社内ニートのメリット

 

社内ニートのメリットとしては、(仕事量という意味で)小さな負担で収入を得ることができます。また、仕事上のストレスは最小限にできるのもメリットだと言えるでしょう。

 

その他には、時間が余っているので、(カモフラージュしながら)自分のために時間が使えるというのもあります。

 

ただ、これらを魅力ととらえられるかと言えば、よっぽど能天気であったり楽天的な人でないと無理でしょう。

 

社内ニートのデメリット

 

社内ニートは窓際族と似たニュアンスをもちますが、窓際族はどちらかと言えば今まで一生懸命働いてきたけれど、定年間近である程度社歴や役職もあって使いづらくなった人材というイメージです。

 

なので、あと数年もすれば定年退職ですし、その間少なくない給与をもらえるんですよね。一方の社内ニートはこれからキャリアを積んでいく世代であることが多く、その期間に仕事がなくてスキルが積めないというのは今後にも影響してきます。

 

日本の雇用制度では正社員を解雇するのは難しいのですが、いよいよとなった時はリストラがあり、その時に真っ先に候補となるのが社内ニートです。

 

スキルが積めずにキャリアもなしで時間が過ぎれば転職もどんどん難しくなり、潰しが効かなくなってしまうというわけなんですよ。

 

また、通常の感覚であれば精神的に追い詰められます。そういわれていない・思われていなかったとしても、自分としては給与泥棒でいる意味がないとも思えて来るので、しんどいんですよね。

 

会社に行くのもいるのも憂鬱になりますし、最悪の場合うつ病になってしまうことなどもあります。会社側としても、ほかの社員(特に激務になっている社員)が不満を持ちやすくなるので、本来であれば社内ニートを放置するのはよくありません。

 

このように、社内ニートになってしまうことはデメリットの方がはるかに多いと言えます。

 

社内ニートになってしまうのはなぜ?その解決法は?

 

社内ニートの状態を抜け出したいと思っても、なかなか抜け出すのは難しいです。

 

なのでまずは、なぜ社内ニートになってしまったのか、その原因を探るところから始めてみましょう。

 

また、ここからはその原因に対する解決策もご紹介しますので、社内ニート脱出の参考にしてください。

 

一時的に社内ニートになっているパターン

 

あまり心配する必要がないのが、一時的に社内ニートになっている場合です。

 

このパターンになるタイミングとしては、新入社員として働き始めたり、転職・異動直後が挙げられます。

 

このタイミングでは社内もどうしたらいいのか手探りという状態が多く、しばらくすれば仕事が振られ始めることが多いです。

 

私の社内ニートになった理由としても、おそらくこれでした。異動直後で、新人が多く来るようなところでもなかったので、どういった扱いをすればいいのかわかっていなかったようです。

 

ただ、そんなのこっちは知る由もないので、ただただ不安でしかなかったですけどね。なお、このタイミングでNG行動(これから紹介するようなこと)をすると社内ニートとなってしまう可能性が高まるので、注意が必要です。

 

仕事を失敗しまくった・雑にやりすぎたパターン

 

これは、自分が原因のパターンです。

 

新卒と言えばそんなに重要な仕事は回ってきません。言い換えれば、必要最低限なことをやることになり、それさえできないと仕事ができない人と見られて仕事が回ってこなくなります。

 

また、言われたことを守らなかったり、同じ失敗を何回もする、雑にやってしまうなどの行為を繰り返すこともNG。

 

例えば、コピーを取ってくれと言われてとったコピーが曲がっていたり、文字が薄すぎて読みにくかったりなど。こういった仕事の仕方をしていると、頼む方としては怖くて重要度の高い仕事は頼めなくなります。

 

また、雑務であっても必要最低限のレベルさえクリアしてくれなければ逆に負担が増えるので、そういった仕事さえ降りてこなくなってしまうんですよ。

 

解決策

 

このパターンに対する解決策としては、先輩や上司のあなたに対する不信感を取り除くことです。

 

時間はかかりますが、日常業務を必要以上にきっちりとやる・取り組むことが解決の第一歩だと言えるでしょう。

 

仕事のスピードが遅くて信頼度が低下しているパターン

 

社内ニートになりかけているとやることがなくなってきて、今やっている仕事を必要以上に遅らせてしまうことが多くなります。

 

ある意味自己防衛ではありますが、この行為が仕事を頼んだ人のあなたへの評価を下げることにもつながり、仕事が振られなくなってしまうんですよ。

 

解決策

 

この解決策としてはやはり、ある程度のクオリティーを保ちつつ、スピーディーに仕事をこなしていくことです。

 

あなたに頼めば、このレベルの仕事はこれくらいのスピード感でやってくれるんだということで、次の仕事にもつながっていきます。

 

仕事を頼みにくい雰囲気を持っているパターン

 

仕事を頼まれた時、嫌な顔をしたりしていませんか?また、催促されて言い訳が多かったり、できないのにできると思い込んで依頼者を振り回すのもだめです。

 

この行為によって、あなたに仕事を頼みたくない、頼みにくいから他の人に頼もうといった流れになってしまいます。

 

解決策

 

仕事をもらうには、頼みやすい雰囲気をつくることも大切です。

 

なんでもイエスマンというのは問題ですが、なるべく依頼は断らず、笑顔で応対するなどしていくようにしましょう。

 

先輩・上司に嫌われているパターン

 

言動であったり、特に何かあったわけではないのに嫌われて仕事が回ってこない場合は、結構難しいところ。

 

自分で仕事をつくろうと動いても、余計なことはするなと怒られる場合もありますからね。

 

解決策

 

対応策としては、人事に相談したり異動願を出す、そのほかには転職を検討するといったところ。

 

直談判するというのもありですが、それで解決しない可能性も高いので慎重に進める必要があります。

 

社内教育の体制が整っていないパターン

 

社内教育の体制が整っておらず、みんながみんな黙々と自分の仕事をやっているパターンもあります。

 

解決策

 

この場合は、自分から動くことがより必要です。例えば先輩に何かやることがないかをきいたり、新たな仕事・やるべきことを提案するなど。

 

このパターンの場合は、先輩や上司とより多くのコミュニケーションをとることで解決できる可能性が高いと言えます。

 

転職して社内ニートから脱出する

 

上ではいろいろと社内ニートになった原因とその解決策についてご紹介しましたが、どう考えても今いる会社で社内ニートの状況は改善できないということもあります。

 

その場合はもうどうしようもないわけですから、転職が唯一の解決策ということになるでしょう。

 

在職中に転職活動をする

 

社内ニートになっている場合、良くも悪くも時間はたくさんあります。

 

もちろん、堂々と社内で転職サイトを見たり応募書類を作成したりなどはできませんが、今後の方向性を考えたりはできますよね。

 

また、重要なポジションにいるというわけでもないので、退職もすんなりいくことが多いです。なので、社内ニートを脱出するために転職活動をするのなら、在職中でも十分対応可能なので、在職中に転職活動したほうがいいでしょう。

 

在職中であればお金に余裕もありますし、もしうまくいかなかったとしても焦ることなく次のことが考えられますからね。

 

転職エージェントを使う

 

自分一人で転職活動を進めてもいいのですが、転職エージェントを利用したほうがより納得いく転職活動ができます。

 

社内で暇があるとはいえ日中は自由に動けないわけですから、転職先の候補探しや面接の日程調整を第三者に任せたほうが効率的です。

 

また、社内ニートになっている現状を相談したりもできますし、転職エージェントに転職先候補の詳細を聞くことで同じ轍を踏む確率が減らせます。

 

転職には事前準備が欠かせないので、転職エージェントを利用してしっかり準備していくようにしましょう。



スポンサードリンク

 

関連ページ

新卒入社1年目で会社を辞めたい・退職したい人へのアドバイス
新卒入社1年目で会社を辞めたい・退職したい人へのアドバイス
新卒入社2年目で会社を辞めたい・退職したい人へのアドバイス
新卒入社2年目で会社を辞めたい・退職したい人へのアドバイス
新卒入社3年目で会社を辞めたい・退職したい人へのアドバイス
新卒入社3年目で会社を辞めたい・退職したい人へのアドバイス
新卒・新入社員のための会社の辞め方(退職願の書き方など)
新卒・新入社員のための会社の辞め方(退職願の書き方など)
会社を辞めたい新卒は一度上司に相談してみよう
会社を辞めたい新卒は一度上司に相談してみよう
「この会社で頑張れないと何処に転職してもがんばれない」は本当?
「この会社で頑張れないと何処に転職してもがんばれない」は本当?
今の仕事が自分に向いているのか・向いていないのか悩んでいる新卒のあなたへ
今の仕事が自分に向いているのか・向いていないのか悩んでいる新卒のあなたへ
自分に向いていない仕事を続けるのはどうなの?
自分に向いていない仕事を続けるのはどうなの?
新卒で会社・仕事を辞めたいけどその後とどうしよう・・・と悩んでいる方へ
新卒で会社・仕事を辞めたいけどその後とどうしよう・・・と悩んでいる方へ
新卒ですでに転職したいけど本当に転職しても大丈夫?
新卒ですでに転職したいけど本当に転職しても大丈夫?
新入社員のための正しい・きれいな会社の辞め方
新入社員のための正しい・きれいな会社の辞め方
退職したらやらなければいけないこと・その手続き
退職したらやらなければいけないこと・その手続き
【雇用保険が受け取れない人必見】求職者支援制度を賢く利用しよう
【雇用保険が受け取れない人必見】求職者支援制度を賢く利用しよう
仕事辞めたい病・会社辞めたい病との付き合い方
仕事辞めたい病・会社辞めたい病との付き合い方