第二新卒が転職・就活するときの志望動機はどう作る?

スポンサードリンク

第二新卒が転職・就活するときの志望動機はどう作る?

 

第二新卒として転職・就活をするのなら、志望動機をしっかりと作っておく必要があります。

 

第二新卒の場合は中途という枠ではありますが、あくまでポテンシャル採用。

 

今までの実績がどうとか、どういったスキルを身につけているのか等よりもやる気であったり、なぜ志望しているのかといったことのほうが重要です。

 

第二新卒に求められるポイント

 

何かしら実績があったり、前職で身につけたスキルがあればしっかりアピールすることは大切です。

 

ただ、基本的に新卒で働き始めて数年で誇れるような実績やスキルを身につけるのは難しいですし、誇張するのもNG。

 

面接官は、そういった実績などよりも社会人としてのマナー・基本的なこと(心構えなど)が身についているかどうかを見ています。

 

また、仕事に取り組む姿勢であったりやる気など。あなたのポテンシャルを見ているので、必要以上に自分をよく見せる必要はありません。

 

志望動機はどういったところに注意する?

 

志望動機は、なぜ新卒で入った会社を短期間で離職するのか、なぜその会社に転職したいのかといったことを軸に作るといいでしょう。

 

短期の離職は事実であり隠しようがありません。また、ネガティブな理由での退職ということも多いですが、そこを隠してポジティブなことばかり伝えるのもおかしいです。

 

なので、至らなかった点など反省点も踏まえつつ、今後どうその経験を活かしていきたいのかなども伝えることでカバーするようにしましょう。

 

⇒ 第二新卒で正社員の求人はあるの?正社員になるためにすべきこと

 

また、志望動機を作る際のポイントについても紹介しますので、参考にしてみてください。

 

業界や職種への理解を深めておく

 

短期離職につながった原因として、その業界や職種への理解が足りなかったということもあります。

 

なので、二度目の失敗が許されない第二新卒での転職としては、業界や職種に対して理解を深めておくことは必須です。

 

もし同業種・同職種であれば理解も深まっているでしょうし、その業界・職種のいいところ悪いところもわかったうえでまた志望しているはずなので改めて勉強し直す必要はないですが、より理解を深めておいたほうがアピールもしやすくなります。

 

企業側から見てみる

 

志望動機では自己アピールも必要ですが、企業側があなたを評価するための一つの材料としていることも忘れてはいけません。

 

つまり、企業側の視点も持って志望動機を作成する必要があります。

 

なので、志望動機をつくったら自分支店ではなく、企業視点からも添削してみましょう。それで、この人(自分)が入社したとして会社の利益になるかどうか、合うかどうかをチェックすればクオレティーが上がっていきます。

 

もしその志望動機を見て何かしら疑問がわくようであればつっこまれどころということなので、応募書類で追記するなり面接で答えられるように準備しておきましょう。



スポンサードリンク

 

関連ページ

第二新卒で正社員の求人はあるの?正社員になるためにすべきこと
第二新卒で正社員の求人はあるの?正社員になるためにすべきこと
第二新卒の転職理由は?新卒で入った会社を早くに辞めるのはなぜか
第二新卒の転職理由は?新卒で入った会社を早くに辞めるのはなぜか
第二新卒の転職・就職活動は会社に居ながらやる?それとも辞めてからやる?
第二新卒の転職・就職活動は会社に居ながらやる?それとも辞めてからやる?
第二新卒で異業種に転職することはできる?
第二新卒で異業種に転職することはできる?
零細企業から大企業への転職はどうなの?
零細企業から大企業への転職はどうなの?
新卒応援ハローワークでも第二新卒の転職相談はできる?
新卒応援ハローワークでも第二新卒の転職相談はできる?
第二新卒として就活をするメリット・デメリット
第二新卒として就活をするメリット・デメリット
第二新卒の転職相談の相手は誰がいいのか検証
第二新卒の転職相談の相手は誰がいいのか検証