第二新卒として就活をするメリット・デメリット

スポンサードリンク

第二新卒として就活をするメリット・デメリット

 

明確な定義・区別があるわけではないのですが、第二新卒は一般的に新卒で入社後3年以内に離職した人を指します。

 

昔は新卒で入った会社で一生を過ごすのが王道でしたが、今はそういった考え方から変わってきているんですよね。

 

なので、第二新卒としての転職も珍しくなくなってきています。そこで今回は、第二新卒として就活するのはどうなのか、そのメリットやデメリットについてご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

第二新卒として就活するメリット

 

  • 新卒と比較して社会人としての基礎があるのでアピール材料になる
  • キャリアチェンジ(異業種・異職種への転職)が比較的容易

 

第二新卒の場合、多少なりとも社会人経験があるので、企業側としては教育コストがかからないという点で魅力的です。

 

また、短期の離職ということで年齢もまだ若いですし、異業種・異職種にもチャレンジしやすいといったメリットがあります。

 

業界歴が長い、一つの会社で長く務めている人は同業種・同職種の転職では強いですが、業種や職種を変えるとなると敬遠されやすくなってしまいますからね。

 

⇒ 第二新卒で異業種に転職することはできる?

 

第二新卒として就活するデメリット

 

  • 短期離職者ということで印象が悪いことがある
  • 応募できる会社が限られる

 

第二新卒とは短期離職者のことですから、いい印象を持っていないところもあります。

 

例え第二新卒を募集しているところでも、この人は第二新卒として就活しているけど、うちに来てもすぐやめてしまうのでは?といった疑いは持っているんですよね。

 

なので、第二新卒として転職したいのであれば、なぜ短期での離職になったのかをしっかり説明できるようになっておく必要があります。

 

また、応募できる会社が限定されている、といったデメリットもあります。今は第二新卒も珍しくなく、積極採用している会社も増えてきてはいますが、それどもやはり数は限定的です。

 

なので、もしもほかに転職したい会社があるのであれば、底が第二新卒も受け入れているのかよく下調べしておくようにしましょう。



スポンサードリンク

 

関連ページ

第二新卒で正社員の求人はあるの?正社員になるためにすべきこと
第二新卒で正社員の求人はあるの?正社員になるためにすべきこと
第二新卒の転職理由は?新卒で入った会社を早くに辞めるのはなぜか
第二新卒の転職理由は?新卒で入った会社を早くに辞めるのはなぜか
第二新卒が転職・就活するときの志望動機はどう作る?
第二新卒が転職・就活するときの志望動機はどう作る?
第二新卒の転職・就職活動は会社に居ながらやる?それとも辞めてからやる?
第二新卒の転職・就職活動は会社に居ながらやる?それとも辞めてからやる?
第二新卒で異業種に転職することはできる?
第二新卒で異業種に転職することはできる?
零細企業から大企業への転職はどうなの?
零細企業から大企業への転職はどうなの?
新卒応援ハローワークでも第二新卒の転職相談はできる?
新卒応援ハローワークでも第二新卒の転職相談はできる?
第二新卒の転職相談の相手は誰がいいのか検証
第二新卒の転職相談の相手は誰がいいのか検証