会社員を辞める前に知っておきたいサラリーマンの強み

スポンサードリンク

会社員を辞める前に知っておきたいサラリーマンの強み

 

会社員を辞めたいと考えている方にこそもう一度考えてもらいたいのが、サラリーマンであることのメリットです。

 

サラリーマンにはいろいろなメリットがありますが、それが当たり前のことになるとありがたみを忘れがちになり、会社員を辞めても余裕だろうと考えがち。

 

なので、会社員を辞める前にもう一度そのメリットを確認することが大切です。

 

安定的な収入が手に入る

 

会社員の大きな強みは、安定的な収入がもらえることです。

 

たとえ仕事がうまくいかなくても、収益につながるような作業していなくても、さぼっていても毎月ある程度決まったお金はもらえます。

 

これはかなり大きな強みなんですよね。サラリーマンであることを辞めて自分でお金を稼ぐとなると、だいたいの場合で収益が安定しなくなります。

 

大きな金額を稼げる可能性もありますが、逆にサラリーマンのときよりも稼げなくなって生活が一段と苦しくなる、なんてこともありますから、その点は覚悟が必要です。

 

年金や雇用保険など社会保険の面倒を見てくれる

 

会社員なら会社が社会保険の支払いを代わりにやってくれますし、いくらか負担もしてくれます。

 

これもかなりのメリットなんですよ。独立してみるとわかりますが、社会保険て思っている以上に負担が大きいんですよね。

 

国民年金は定額になっていますが、その分将来の保証が薄くなってしまいます。会社勤めであれば厚生年金があり、将来の年金額は国民年金以上ですから。

 

また、国民健康保険は収入に応じて決まりますし、思っている以上に負担額は大きいです。え!?この収入額でこんなにとられるのかよ、というのが率直なところでしょう。

 

⇒ 退職したらやらなければいけないこと・その手続き

 

失敗しても守ってもらえる

 

会社員の場合、よほどのことをしなければ失敗したとしても会社が守ってくれます。たとえ損失を与えたとしても、個人で賠償なんてないですからね。

 

だからこそいろいろとまどろっこしい作業が増えたりもするんですけど、これも大きなメリットだと言えます。

 

個人の場合はダイレクトにミスは自分に返ってきますから、場合によっては致命傷になりかねません。

 

社会的信用が手に入る

 

会社員という肩書は強いです。

 

クレジットカードを作るときも、ローンを組むときもサラリーマンであるというのは大きなアドバンテージです。

 

これが個人事業主となると、そうもいかないんですよね。なので、会社員を辞める前にクレジットカードだけは作っておけと必ず言われます。

 

それに、どれだけ稼いでいたとしても、周りの受け取り方も違うんですよね。やっぱり、個人で仕事をしていると言っても、口では凄いとか言いつつ、心の中ではこいつ本当に大丈夫なのかと疑われていることが多いと感じます。



スポンサードリンク

 

関連ページ

ココナラの使い方や評判・口コミ
ココナラの使い方や評判・口コミ
ライターとしてご飯を食べていく(生計を立てる)ことは可能なの?
ライターとしてご飯を食べていく(生計を立てる)ことは可能なの?