コールセンターの仕事で精神的に参ってしまって退社した話

スポンサードリンク

コールセンターの仕事で精神的に参ってしまって退社した話

 

『基本データ』

 

性別:女性

 

いつぐらいに入社したのか(西暦)+在職期間:2009年4月に入社し、2011年の3月末まで丸2年間在籍

 

業種・職種:航空会社、国内線のコールセンター部門

 

入社した理由

 

私は20代後半の女性です。2009年4月に航空会社に新卒で入社し、2011年の3月末まで、丸2年間在籍。

 

配属されたのは国内線のコールセンター部門。人と接することが好きで、大学時代も接客のアルバイトをしていました。

 

アルバイトを通じて、人にありがとうと言われたり、喜ばれたりすることにやりがいを感じるようになり、お客さまと接することのできる仕事を選んだんです。

 

また昔から飛行機が好きだったこともあり、ご縁があって入社しました。前から憧れていた航空業界という華やかな世界。研修中も、これからの仕事が楽しみでわくわくしていました。

 

入社後に悩んだこと

 

研修が終わり、厳しいOJTにも耐え、やっと一人でお客さまの応対をするようになりました。しかし、私は、コールセンターという業務を甘く見ていたということを痛感させられることに。

 

対面の接客とは違って、顔の表情や動作の見えない世界でお客さまとやりとりする難しさに悩みました。

 

当然、相手の動作が見えない分、対面での待ち時間より電話での待ち時間のほうが長く感じます。

 

それに加えてこちらの顔が見えない事をいいことに、お客さまはご立腹になると狂ったように怒鳴られたり、必要以上に罵倒されたりしました。

 

まるで私がもうこの世に存在しないほうがいいかのような言い方をされたりすることもあり、精神的に傷つく毎日。

 

うまくストレス発散ができればいいのでしょうが、慣れない新生活にただただ精一杯でそれどころではありませんでした。

 

先輩方や同期に話を聞いてもらったりすることもありましたが、なんとなく毎日モヤモヤとしていましたね。

 

入社して一年ほど経った頃、私は会社に行けなくなりました。電話に出るのが怖くなってしまったんです。

 

またお客様に怒鳴られるんじゃないか、私のことを滅茶苦茶に非難されるんじゃないか、とてもじゃないけれど仕事に対してやりがいを感じることもできていませんでした。

 

在職中にやったこと

 

このままじゃダメだ!もっと、自分にとってやりがいのある仕事がしたい!と思うようになり、転職を考えはじめました。

 

まずは何社か転職エージェントに登録しておこうと、登録を希望しましたが、私のスキルや能力では仕事が紹介できないと断られたエージェントもありました。

 

最終的に3社のエージェントに登録の希望を申請しましたが、実際に登録できたのは1社のみ。

 

⇒ どんな転職エージェントがあるのか見てみる

 

その転職エージェントでは履歴書の書き方を一から教えてもらい、何度もメールのやり取りをしながら添削してもらいました。

 

また、何度も面接の練習にも通いました。そして、いくつか求人を紹介をしてもらい面接を受けましたが、すべて不採用。

 

当時の私はただ現状から逃げたくて仕方ないだけで、本当はやりたいことなんて何にもなかったし、2年しか社会人経験もないうえに何のスキルもない状態でした。

 

今思えば、不採用で当然だったとは思います。

 

⇒ 新卒で会社を短期離職・退職したい・辞めたい人へのアドバイス

 

一方会社は、コールセンターという職業柄、精神的に参ってしばらく休職されたりする先輩もいて、上司は休職も勧めてくれました。

 

しかし、私は会社もずっと休みっぱなしでしたし、休職して落ち着いたとしてもまたあの罵声を浴び続け、お客様に謝り倒さないといけないのかと思うと耐えられず、思い切って辞めてしまうことに。

 

退職した後に考えたこと・実行したこと

 

しかし退職を決めたものの、次の仕事は全く決まっていない状態。

 

私は一人暮らしでしたし、無収入のままでは生活ができなくなるので、急いで派遣会社に登録しました。

 

派遣会社はすぐに仕事を紹介してくださり、特許事務所での事務として働けることに。

 

面接の際、派遣先の上司は「英語が少しできる方ならいいと思っている。未経験でもやる気があれば大歓迎です。」とおっしゃってくださり、採用してくださいました。

 

今までこんなに辛い目にあってきたのだから、今度はもっといいことあるはずだ!と前向きに考え、毎日精一杯業務に取り組んでいたんです。

 

しかし、残念ながらそこでもパワハラに苦しめられ、一年足らずで退職することになってしました。

 

その後はパワハラがトラウマになり面接に行くのも怖いし、体調もおもわしくなかったため、心療内科を受診。パニック障害と診断され、家でゆっくりと過ごすことにしたんです。

 

⇒ 女性向け転職サイト・エージェントでじっくり仕事を探してみる

 

現在どのように過ごしているか

 

その後、タイミングよく結婚が決まりました。そして昨年子供が生まれた為、現在私は専業主婦として過ごしています。

 

今、私は家族にも恵まれて、幸せな時間を過ごせています。しかし、子供が大きくなるにつれて色々と出費もかさむ為、いずれは働かないといけません。

 

パニック障害の症状はほとんどなくなったものの、正直、働くことが怖くてたまりません。

 

なんのスキルも能力もないまま、また仕事探しをするのも大変ですし、子育てと家事に加えて新しい仕事もするとなると大変なことは目に見えています。

 

今思えば新卒入社した会社を辞めずに、あの時に上司の言葉に甘えて休職しておけば、結婚・出産した後も働き続けられたのではないかと後悔もあるんですよね。

 

一時的な感情や状況だけで判断せずに、これからの人生をしっかり見据えたうえで、判断するべきだったと反省しています。



スポンサードリンク

 

関連ページ

新卒入社でブラック企業に当たってしまった後の転職体験談
新卒入社でブラック企業に当たってしまった後の転職体験談
転職でミスマッチを解消してやりたい仕事・適正のある仕事を見つけるのもあり
転職でミスマッチを解消してやりたい仕事・適正のある仕事を見つけるのもあり
尊敬できる先輩が次々いなくなって転職を決意
尊敬できる先輩が次々いなくなって転職を決意
転職して職場環境が改善できた体験談
転職して職場環境が改善できた体験談
第二新卒として転職した女性の体験談
第二新卒として転職した女性の体験談