転職して職場環境が改善できた体験談

スポンサードリンク

転職して職場環境が改善できた体験談

 

『基本データ』

 

性別:女性

 

いつぐらいに入社したのか(西暦)+在職期間:2013年に入社し、在職期間は1年2カ月

 

業種・職種:航空会社のグランドスタッフ

 

私は現在24歳の女性です。2014年の4月に新卒入社して、1年2カ月勤めたのち、転職をしました。

 

仕事を辞めたいと思ったきっかけ

 

私が仕事を辞めたいと思ったきっかけは、あまりに待遇が悪かったからです。

 

私の前職は航空会社のグランドスタッフであり、あこがれて入社したものの、実際は給料も安く、休みも全くない状況でした。

 

勤務はシフト制で、早いときですと朝の5時から、遅いシフトの日には夜10時まで働きました。

 

このように勤務時間は大変不規則で、始発と終電を連続で使う日も多々ありました。

 

また、便の大幅遅延などイレギュラー発生が発生した際には、日付を超えても帰れないことも多く、翌朝まで働いたこともありました。

 

それでも、支払われる残業代は雀の涙程度で、深夜手当もお小遣い程度でほとんどつきませんでした。

 

さらに、グランドスタッフですと、専門職という分類になりますので、昇給はほとんどありません。

 

入社一年目、二年目は次々と教育が導入され資格を取らされるのですが、取ったとしても責任ばかり重くなるばかりで、給料はあがりません。

 

その他のインセンティブも一切ありませんでした。一年目の私と、3年目の先輩の給料がほとんど変わらないと知ったときには、絶望感を感じました。先輩が続々と辞めていくのも納得です。

 

月々の手取りは14万程度で、寮に入っていた私はほとんど貯金をできませんでした。

 

一人暮らしをしても、住宅手当は1万2千円しか支給をされなかったので、寮に入るという選択肢しか当時の私にはありませんでした。

 

また、寮での生活になりますと、休日でも同僚と顔を合わせることになるので、気が休まらず、休日はほとんど外出するという生活を繰り返していました。

 

また、年間の休日数はわずか104日です。土日祝日は一切ありませんでしたし、お盆休み、年末年始、ゴールデンウイークなどは働き詰めでした。

 

夏季休暇、冬期休暇は一切存在せず、季節休というものが年に4日付与されるのみです。

 

有休を申請しても、先輩が優先されるので、1年目の私は却下されることがほとんどでした。

 

そのため、まとまった休日をとれることはほとんどなく、実家に帰れる機会もほとんどありませんでしたし、大学時代の友人とも休日が合わず疎遠になってしまいました。

 

私は上記の待遇に耐えられずに、転職を決意しました。

 

⇒ 新卒で入社したその会社、もしかしてブラック企業ではないですか?そんなときにあなたがとるべき行動をチェック!

 

転職活動を開始

 

転職活動の開始時期は、入社1年目の2月頃です。まず私は、すぐに転職サイトに登録をし、サポートサービスに申し込みをしました。

 

そして、キャリアコンサルタントとの面接をすぐに実施しました。

 

当時抱えていた悩みをすべて話し、転職先での求める待遇をすべて伝えました。この際重視したのが、週休二日制であること、手取りが18万以上あること、残業がほとんどないことです。

 

大学時代の就職活動では、業務内容や知名度、やりがいに比重をおいていましたが、実際に就職をしていると視野が180度変わりました。

 

キャリアコンサルタントは面談の翌日から、それらの条件にあてはまった求人を多く紹介してくれました。

 

面談後にはすぐに都内で開催されている面接セミナーに参加し、転職活動における面接のポイントを学びました。このセミナーで新卒採用との違いをよく理解できたので、とても助かりました。

 

私の利用した転職サイトはサポート期間が3か月と限定されていたので、私はすぐに気に入った会社があればすぐにエントリーをしました。

 

この際、新卒での就職活動と違い、応募した企業への面接参加は必須とのことだったので、エントリーする際にはだいぶ慎重になりました。

 

また、仕事をしつつ転職活動をしていたので、スケジュール管理ができる範囲で応募するように気を付けていました。

 

ですが、どうしても仕事の日に面接が入ってしまったときなどは、会社をずる休みし、面接を優先させたこともありました。

 

⇒ 有名どころの転職エージェントまとめ

 

転職先が決定

 

最終的に転職先として選んだのは大学職員なのですが、書類選考や面接が驚くくらいスムーズに進み、4月のあたまには内定をいただくことができました。

 

こちらは書類選考と面接3回のみで、筆記試験棟などはありませんでした。

 

面接では前職での経験について詳しく聞かれたので、その辺りは言葉で説明できるよう、あらかじめまとめておくとよいと思います。

 

私の場合、前の会社が知名度のあるところだったので、その面で人間性が評価されていたのだと思います。

 

そして、内定をもらってからすぐに、前職に退職する旨を伝えました。

 

上司とはだいぶ揉め、辞めないように説得をされましたが、私も譲らずに強引に押し切りました。決して円満退社とはいえるものではありませんでした。

 

そして、6月いっぱいで仕事を辞め、7月から転職先で働き始めました。この際、ボーナスの支給時期を考慮して退職しなった点に関しては少し後悔しています。

 

⇒ 正しい・きれいな会社の辞め方

 

現在どのように過ごしているか

 

現在、生活はガラッと変わり、都内で一人暮らしをしています。決してぜいたくな暮らしではありませんが、転職前とはちがい貯金もできています。

 

また、土日が休みになったので、友人などと会う機会も増え、プライベートが非常に充実しています。

 

転職先では、仕事をすべて1から覚える必要があり、最初のうちは大変でしたが、事務仕事ですので、要領を一度つかんでしまえばそこまで大変ではありません。

 

既卒採用ということで、社内に溶け込めにくいかもしれないという心配もありましたが、そういった雰囲気も全くなくとても居心地よく働いています。

 

そして、残業もないですし、勤務時間も決まっていますので、規則正しい生活ができるようになりました。

 

以前は休日になると疲れて、一日中家でゆっくりしていることがほとんどでしたが、今では新しい趣味も始めることができ、とても充実した生活を送っています。

 

実家にも頻繁に帰れるようになりました。本当に転職をして大成功だったと感じています。



スポンサードリンク

 

関連ページ

新卒入社でブラック企業に当たってしまった後の転職体験談
新卒入社でブラック企業に当たってしまった後の転職体験談
コールセンターの仕事で精神的に参ってしまって退社した話
コールセンターの仕事で精神的に参ってしまって退社した話
転職でミスマッチを解消してやりたい仕事・適正のある仕事を見つけるのもあり
転職でミスマッチを解消してやりたい仕事・適正のある仕事を見つけるのもあり
尊敬できる先輩が次々いなくなって転職を決意
尊敬できる先輩が次々いなくなって転職を決意
第二新卒として転職した女性の体験談
第二新卒として転職した女性の体験談