会社の業績悪化で第二新卒として転職活動を開始

スポンサードリンク

会社の業績悪化で第二新卒として転職活動を開始

 

『基本データ』

 

性別:男性

 

いつぐらいに入社したのか(西暦)+在職期間:2005年の4月に入社し、在職期間は約2年間

 

業種・職種:自動車販売業で営業マン

 

私は、30代の男性です。新卒でその会社に入社したのは、2005年の春でした。在職期間としては約2年間になります。

 

業種は、自動車販売業で営業マンをやっていました。その会社は、自動車販売の他にも色々な業種をやっており、そもそも私は金融の方がしたいと思って入社しました。

 

結構大きな組織だったので、個人の希望が通らないことは多々あります。その点に関しては仕方ないかなと思い、与えられた仕事をこなしていこうと思いました。

 

当時の上司はとても良い方で、とても熱心に指導していただき、1年目から営業成績でトップになれました。

 

ここまではとても順風満帆だったのですが、流れが変わりだしたのは1年ちょっと経ったころでした。

 

同僚や上司から、会社の経営状況があまり良くない事が告げられたのです。地元でも大きな企業だったので、私からしてみれば寝耳に水です。

 

さすがに倒産とかそういう状況ではないとの事でしたが、希望退職は募るらしいと言われました。

 

その一ヵ月後に、正式に希望退職を募る話が出ました。それに伴い、ボーナスや賃金カットの話も出ていたので、私はとても悩みました。

 

入社後2年なので、当然給料も少ないです。それなのに、ここからボーナス減や賃金カットとなると、生活が出来なくなります。

 

また、今回の希望退職で全体の3割近い人数が削減されるとのことだったので、仕事のしわ寄せが来ることも容易に予想できました。

 

会社を辞めようかどうか親に相談してみた結果

 

私はまず親に相談しました。すると、新卒から3年は頑張って働くものだと諭されました。

 

親からすると、せっかく苦労して入社した企業だし、辞めて欲しくなかったのだと思います。

 

地元では割と大きな企業なので、潰れることはないだろう、その内良くなるとも言われました。親の言う事も一理あったので、かなり悩みました。

 

それから何となく仕事にも力が入らず、営業成績も伸び悩んでいたところ、上司からどうした?と声をかけられました。

 

そこで私は、思い切って上司に相談することにしました。すると、上司は何となく私の態度で察していたようです。

 

自分はもう年だから、この会社と心中するけど、お前はどこでもやっていけるよ、転職は考えて当然だと思うと言ってくれました。

 

その言葉が私の転職するという意志を固めました。上司に相談をしてから、1週間後に希望退職に応募しました。

 

⇒ 辞めたほうがいい会社・仕事の条件とは!?

 

転職活動を開始

 

退職の期限は、翌年の3月付けだったので、その時からまだ半年ありました。退職までには次の仕事を見つけたいと思っていたので、色々な転職サイトに登録もしました。

 

少しでも選択肢を拡げたかったので、ハローワークにも登録しました。ハローワークでは、インターネットサービスを利用し、仕事探しをしていました。

 

仕事をしながらの転職準備だったので結構大変でしたが、その辺は上司がバックアップしてくれたので、とても助かりました。

 

また半年くらい期間があったので、就職に役立てばと思い、パソコンの資格を取りました。

 

私は何の資格も持っていなかったので、履歴書に資格を何か書きたいと言う浅はかな考えでしたが、2ヶ月くらいで取れました。

 

その後2ヶ月くらいして、業種は変わりますが、営業マンとして採用されることになりました。

 

その仕事は転職サイトに載っていた求人で、面接までの日取りも段取りしてもらえたので、すんなりと行きました。

 

その会社はもっと早く来て欲しかったようなのですが、私の事情を聞けば仕方ないなと納得して貰えました。

 

何とか退職の日までに、新しい転職先が決まり、とてもほっとしました。転職先が決まってから、親と上司に報告しましたが、どちらも良かったなと言ってくれました。

 

⇒ 後悔しないために使っておきたい転職サイトまとめ

 

親は、若干まだ未練があったようですが、既に決まっている状況だったので、諦めたようです。

 

転職先が決まったこともあり、後の在職期間中は仕事に専念出来ました。

 

無事2年目も営業成績トップを取り、有終の美を飾ることが出来ました。

 

後から話を聞きましたが、その新卒で入った会社は、今も経営状態は改善していない状況で、ボーナスも寸志のレベル、賃金カットも行われているようです。

 

最終的にはどうなるかは分かりませんが、会社の行く末を不安視しながら生活するよりは良かったかなと思います。

 

当時転職した会社からさらに転職をしているので、比べる対象かどうか微妙ですが、現在は正社員で採用され、定期的に賃金アップもあるので、結果的に転職をして良かったと思います。

 

私の場合は、会社から希望退職が出るという特異なケースでしたが、新卒から数年での退職はかなり悩むと思います。

 

周りから色々と言われるかと思いますが、最終的に決めるのは自分です。自分が転職をしたいと思ったら、それが1年目だろうと関係ないと思います。

 

無理をしてその仕事をしていても、結局長続きはしませんし、その人にとっても、企業にとってもプラスだとは思えません。

 

思い立ったが吉日という言葉がありますが、私は正にその通りだと思います。勇気を出して転職を考えてみても良いのではないでしょうか。



スポンサードリンク

 

関連ページ

不満が積み重なって家電量販店を退職してサービス業に転職した話
不満が積み重なって家電量販店を退職してサービス業に転職した話
自分に向いていない仕事を続けるのも考え物です
自分に向いていない仕事を続けるのも考え物です
環境が変われば仕事に前向きになれる!こともある
環境が変われば仕事に前向きになれる!こともある
転職・再就活は甘くない!会社を辞めた・退社した後のプランを持ちましょう
転職・再就活は甘くない!会社を辞めた・退社した後のプランを持ちましょう
労働環境が悪くて入社1年ほどで退社
労働環境が悪くて入社1年ほどで退社
職場いじめにあって短期間で離職・・・
職場いじめにあって短期間で離職・・・
慢性的な人不足で残業続きが不満で転職
慢性的な人不足で残業続きが不満で転職
職場の先輩から嫌がらせを受けて会社を辞めた体験談
職場の先輩から嫌がらせを受けて会社を辞めた体験談
長時間のサービス残業や職場いじめにあって退職
長時間のサービス残業や職場いじめにあって退職