副業を2つかけもちしながら、完全歩合制の音楽教室講師として修行したのち、夢だった海外ボランティアへ参加

スポンサードリンク

副業を2つかけもちしながら、完全歩合制の音楽教室講師として修行したのち、夢だった海外ボランティアへ参加

 

『基本データ』

 

性別:女性

 

いつぐらいに入社したのか(西暦)+在職期間:2011年4月に入社し、在職期間は1年間

 

業種・職種:音楽教室講師

 

入社後に悩んだこと

 

社員という雇用形態ではなく、法上は自営業(独立事業主)として働いておりました。

 

完全歩合制で、生徒さんが1人いなくなるとその分給料も下がります。

 

新人は沢山レッスンを持たせて頂けないので、私は週に8コマ程度しか受け持てず、月収5,6万という事もざらでした。

 

勤務時間は主に午後以降となるので、午前中は地元の食品スーパーの惣菜部でアルバイトをし、本業のレッスンを終えた後、夜は学生の頃やっていた家庭教師のアルバイトを続け、どうにか生計を立てておりました。

 

レッスン以外に研修や会議が入り時間の拘束があるにもかかわらず、その時間の賃金は全く発生しないので、時間だけ持っていかれるような気分がした事を覚えています。

 

夢に向けて音楽教育のノウハウをゼロから学びたくて選んだ仕事でしたので、大学院に通っているのだと自分に言い聞かせて勉強させて頂きましたが、度重なる無償労働はなかなか身に堪えました。

 

土日に発表会やコンクールがある事が多いのですが、それも全て無報酬。

 

このまま何年も続けていき、果たして生活を安定したものにできるのかどうか不安が募りましたし、週末通っていた趣味のオーケストラの練習に思うように出られず、本番の日と仕事が重なる懸念もあり、悩みは尽きませんでした。

 

退職を考えるようになった理由

 

もともと、ある「夢」の為に当職を選んだので、その夢の実現が見えた段階で退職しようと思っておりました。

 

休職しようか、退職しようか、就職する前までは悩んでおりましたが、上記の悩みもあり、退職という選択肢のみとなりました。

 

また、仕事でエレクトーンを使用するという事も私には合いませんでした。

 

必ずエレクトーンとピアノと歌ができなければならなかったのですが、就職が決まってから始めたエレクトーンがどうしても肌に合わず、このまま続けていっても一向に上達しない中、講師としてレッスンしていけるかどうか自信が無くなった事も退職を考えた理由のひとつです。

 

在職中にやったこと

 

上記の「夢」に向けて、英語学習に力を入れました。

 

また、いずれ退職するということを見越して、短い時間でいかに技術を盗めるか、給料に関して文句を言う事などせず、時間と労力を最大限に割いて音楽教育のノウハウを自分自身に叩き込みました。

 

また、体力づくりも必要という事で、時間がある時には走ったりヨガで心身を整えたりしました。

 

もし雇用条件が悪いと思うなら

 

雇用条件が悪いなら、転職を考えるのはありです。

 

もちろん、ほかにやりたいことがあって今やっている仕事がその基礎になるとか、ほかと比較して本当に条件が悪いのかを検討したりする必要はありますけどね。

 

⇒ 新卒で入社したその会社、もしかしてブラック企業ではないですか?そんなときにあなたがとるべき行動をチェック!

 

退職に踏み切った理由・決定打

 

「夢」への切符を手にしたため、退職を決意しました。

 

その夢とは青年海外協力隊の音楽隊員として開発途上国の音楽教育に携わること。

 

学生時代より夢、そして目標として掲げ、これを目指そうと決意しておりましたが、音楽関係のボランティア要請はほとんどが実務経験を必要としていたため、音楽教室の講師として働き、経験値を積むという道を選んだのです。

 

数年働いてから挑戦しようと思っていたのですが、予想を遥かに上回る厳しい環境での仕事だったため、1年経たないうちに受験したところ幸いにも合格いたしまして、退職と同時に次の進路へ進むこととなりました。

 

退職した後に考えたこと・実行したこと

 

退職し、次のステップに進むまで3ヶ月ほど自由な時間があったため、その期間内に1つ大きな挑戦をしました。

 

所属するアマチュアオーケストラでピアノコンチェルトのソリストをやらせて頂く事となったのです。

 

折角の自由な時間を無駄にするのは勿体無いという事で一念発起し、退職後は毎日ピアノと向き合う日々を過ごしました。

 

そして、退職してから2ヵ月後に無事、ピアノコンチェルトの本番を終え、その2週間後に青年海外協力隊員としての活動が始まりました。

 

 

現在どのように過ごしているか

 

現在は2年間の青年海外協力隊の活動を終え帰国し、全く新しい分野で会社員をしております。

 

協力隊の2年間はウズベキスタンで過ごし、公立の小中一貫校で音楽の先生をしながら、現地の方々と濃い時間を過ごして参りました。

 

もともと夢ではありましたが、退職し、参加して本当に良かったと心から言えます。同じ志を持った沢山の日本人の仲間ができた事も財産のひとつですし、国際交流や国際協力に携わる事ができ、自分の世界観や価値観も大きく変わりました。

 

何よりも、気温の年較差が60度を超える過酷な環境の中、インフラも整っていないような安アパートで2年間心身ともに健康に生活できた事に対して自信がつきました。

 

どんな環境でもたくましく、臨機応変に楽しく生きていく力が身についた事を武器に、帰国後、自分の視野をもっと広げたいという理由で様々な業種、職種で就職活動をおこない、今の会社と出会いました。

 

IT業界で営業サポート業務を行うという、今まで歩んで来た道からは想像もできないような仕事につきましたが、土日の休みは確証されていますので、趣味のオーケストラも思う存分楽しむ事ができますし、毎日のリズムが規則正しいので、副業2つに挟まれながらあくせくと本業をこなしていた不規則な生活と比べても非常に安定した毎日を送る事ができています。



スポンサードリンク

 

関連ページ

小学校教員を1年でやめて転職した体験談
小学校教員を1年でやめて転職した体験談
教員・教師を辞めたいという人のための転職ガイド
教員・教師を辞めたいという人のための転職ガイド
同じ業種・職種でも会社によってかなりの違いも!長く働くには職場の環境も大切です
同じ業種・職種でも会社によってかなりの違いも!長く働くには職場の環境も大切です
新卒入社後8カ月で退職したけど振り返ってみるとよかった話
新卒入社後8カ月で退職したけど振り返ってみるとよかった話
図書館司書の仕事は辛い?図書館司書として働くも2年弱で退職
図書館司書の仕事は辛い?図書館司書として働くも2年弱で退職
仕事をやめて気持ちに余裕ができた
仕事をやめて気持ちに余裕ができた
適当に仕事を選んで失敗した話
適当に仕事を選んで失敗した話
在職中に猛勉強して公務員に転職!
在職中に猛勉強して公務員に転職!
人間関係が原因で同業種・同職種で転職した保育士(女性)の体験談
人間関係が原因で同業種・同職種で転職した保育士(女性)の体験談
心因性の胃腸炎などがきっかけで新卒2年目で退職した女性の体験談
心因性の胃腸炎などがきっかけで新卒2年目で退職した女性の体験談
新卒入社の会社がブラック企業で転職した男性の転職体験談
新卒入社の会社がブラック企業で転職した男性の転職体験談
新卒入社後1年で塾講師から転職した女性の転職体験談
新卒入社後1年で塾講師から転職した女性の転職体験談
残業続きの幼稚園の先生を辞めて転職した体験談
残業続きの幼稚園の先生を辞めて転職した体験談
私立高校の教師・教員から異業種に転職した体験談
私立高校の教師・教員から異業種に転職した体験談