小学校教員を1年でやめて転職した体験談

小学校教員を1年でやめて転職した体験談

 

『基本データ』

 

性別:男性

 

いつ入社したのか(西暦)+在職期間:2012年、在籍1年間

 

業種・職種:東京都、小学校教員

 

入社後に悩んだこと

 

入社してから、どのようなところに悩みをもったのかについて。

 

1、残業・業務過多

 

初年度より担任を務めることになり、毎日授業の準備や児童への指導、保護者との連絡、委員会・クラブ活動、その他事務などタスクが非常に多く、毎日帰るのが夜10時でした。

 

しかし、帰ったからといって翌日の授業の準備ができていない場合は、夜のうち、もしくは朝5:30に起きて準備をしていました。

 

それでも終わらない場合は土日も学校に行き、教室整理や授業案作成などを行うこともあったんです。

 

そんな生活をしていたからか、食事も簡素なものしかできず、カップラーメンやコンビニ弁当になっていきました。

 

体も疲れやすくなっていきましたし、毎日朝栄養剤を飲む生活となり、たまの休みは出かける気になれず一日寝て過ごすことも・・・

 

 

2、児童・学校・保護者の現状

 

東京の児童と触れ合ったことがなかったため、田舎とのギャップが非常にありました。

 

田舎では「話を聞く」「ルールを守る」などは当たり前のように子供が守っていましたが、私の学校では朝礼や集会では、「並ばない、話を聞かない、動かない、朝会に大半が遅れてくる」など目を疑う光景がありました。

 

また、授業中でも廊下を徘徊したり、空き教室でボール遊びをしたりなど、秩序が全くないような現状。

 

 

さらに、保護者の中にはやはり、明らかに自分の子どもが悪いことをしたのに、「うちの子は悪くない」といった理不尽なクレームを言う人もいました。

 

その他にも、家庭の教育方針で「殴られたら殴り返す」などというような方針の家庭もあり、その児童と保護者にどう向き合っていけばいいのか非常に悩むことも。

 

学校現場としても、各々が自分のクラスだけで精一杯で、他の教諭を助けるといった環境はできていませんでした。

 

自分のことは自分でといった風土で、社会人としては当然なのかもしれませんが、新任教諭にはかなりつらい環境だったんです。

 

 

退職を考えるようになった理由

 

大学卒業後は、「教員」として子供の成長を見守っていき、育てていきたいと情熱をもっていましたが、学校現場の現状へのギャップと、うまくクラスを運営できない悔しさから、自分は果たして、このまま教員を続けていって良いものか分からなくなりました。

 

毎日生活に追われ、プライベートもなくなり、学校ではトラブルがない日がないなど心休まる時はありませんでした。

 

そんな中で、私は今後もこの生活と付き合っていけるのか、教員として覚悟を決めて働けるのか不安になっていったんです。

 

また、子どもに対しても、「どうせ何言っても無駄だ」という感情や「イライラする」といった感情が芽生え始め、こういう教師が続けていていいのか、それも分からなくなっていきました。

 

そして、退職を考えるようになったのです。

 

 

在職中にやったこと

 

日々、どうすればクラスが良くなるのか、良い授業ができるのかなど書店やインターネットで教育関連の文章を読んでいました。

 

また、夏休みは研修ということで、発達障害児童への接し方や授業の組み立て方のセミナーなどに通っていました。

 

しかし、就職活動をしたことがなかったため、求人サイトへの登録は全くしていませんでした。

 

もし転職を考え始めたら・・・

 

もし教員を辞めたいと思っているなら、どのような仕事があるのか、そして自分の市場価値がどうなのかを知るところから始めてみるといいですよ。

 

ここでは、自分の転職市場での価値を分析するのに役立つサイトを3つご紹介します。

 

 

キャリアトレック

 

若手向け(35歳以下)の転職サイトで、既に16万人以上が利用しています。

 

その特徴は何と言っても、人工知能を使った求人紹介を受けられるという点。

 

自分でも求人を調べることができますし、使っていくうちにその傾向を分析して求人紹介の質も高まっていきます。

 

【公式サイトはこちら】

 

⇒ 人工知能が最適な仕事を選んでくれる転職サイト

 

【詳細ページはこちら】

 

⇒ キャリアトレックの評判・口コミを要チェック!

 

 

リクナビNEXT

 

リクナビNEXTでは、会員登録+スカウト登録をすることで、『自分の経験・スキルの市場価値をリアルに分析』することができます。

 

また、職務経歴や転職希望条件などを登録(匿名で登録可能)しておくことで、求人のオファーを受けることもできるんですよ。

 

その他に、登録したレジュメがどれくらい企業に見られているのか、といったこともわかります。

 

なので、教師・教員として働いてきた自分の経験・スキルがどれくらい興味を持たれているのか・需要があるのか確認できるんです。

 

リクナビネクストは求人数も豊富なので、教師・教員以外にどういった仕事があるのか軽く見ておくためにも、登録してみるといいでしょう。

 

【公式サイトはこちら】

 

⇒ リクナビNEXTの公式サイトはこちら

 

【詳細ページはこちら】

 

⇒ リクナビNEXTの評判・口コミを要チェック!

 

 

転職サイト@type

 

@typeでは、会員登録することで転職力診断テストを受けることができます。

 

このテストで、転職力を具体的な点数で把握できたり、自分に足りないものを知ることができるので一度試してみるといいでしょう。

 

【公式サイトはこちら】

 

⇒ その場ですぐわかる転職力診断@type

 

【詳細ページはこちら】

 

⇒ 転職サイト@type[転職力診断テスト]の評判・口コミを要チェック!

 

また、その他の転職・就職支援サービスやサイトも下記リンク先ページで紹介しているので参考にしてみてください。

 

⇒ 教員・教師を辞めたいという人のための転職ガイド

 

退職に踏み切った理由・決定打

 

2か月ほど休職をしていたのですが、その休職期間が明けて学校に登校した際に退職を決意することになりました。

 

実は私はうつ病ということで休養していたんです。

 

一か月はまったく動けなかったのですが、次第に良くなったと思い、徐々に外にエネルギーが向いてきて、学校に戻ることを決意しました。

 

しかし、いざ学校へ行ってみると、過去のフラッシュバックや周りの教員への罪悪感から過呼吸になってしまい、一時間近くトイレで泣いてしまうことも・・・

 

その時、私は「もう限界だ」と悟りました。

 

退職した後に考えたこと・実行したこと

 

教員を退職後は地元に戻り、すぐさま「正社員」の案件の求人を新卒応援ハローワークで探しました。もちろん「うつ」だったことは隠しています。

 

なぜ社員だったかというと、5つ上の同僚の教員に辞めることを告げた時に「そんなんじゃ一生フリーターだ」と言われ、むきになっていたからです。

 

今思えば、もう少し落ち着いて求人を探していればと思って後悔していますが、飲食店の社員として働くことになりました。

 

転職先は、労働条件的にはブラックなところもありましたが、教員に比べればはるかに楽でした。残業代もでました。

 

⇒ 教師・教員の退職・転職体験談【まとめ】

 

 

教師・教員から異業種に転職するなら・・・

 

民間から民間への転職でもそうなんですが、教師・教員から異業種(民間)に転職する場合も、自分一人で転職活動をするのには限界があります。

 

特に教師・教員からの転職の場合はやや特殊ですし、初めての転職活動・就職活動ということも多いので、分からないことだらけでしょう。

 

そういった状態で活動しても膨大な時間が必要ですし、見当はずれの結論・決断をしてしまう可能性も高まります。

 

せっかく職業を変えようと決断して行動したので、さらに悪い方向に行ってはどうにもならないですよね。

 

そこで使いたいのが転職エージェントです。転職エージェントは無料であなたの転職活動をサポートしてくれますし、今まで支援してきた経験・データも膨大な量が蓄積されています。

 

中にはあまり使いたくないなと考えている人もいると思いますが、転職エージェントを使うことで無駄な時間を使わないで済みますし、セカンドオピニオンを聞くことで方向性を修正できるので利用を検討してみてください。

 

⇒ おすすめの転職エージェントを見てみる

 

現在どのように過ごしているか

 

現在は、営業職として日々数字とにらめっこです。ただ、教員をやっていた頃よりは充実感もあり、結果が目に見えてとれるのは達成感も味わうことができます。

 

精神的に参っている感じはなく、毎日自炊もしながら健康的に過ごしています。

 

彼女とも同棲しており、結婚に向けて準備段階です。当時教員を辞めたことはコンプレックスでもありましたが、現在は徐々にその葛藤もなくなりつつあります。

 

しかし、もし自分が教員を続けていたら果たしてこの世に生きていたのか、それが怖いところです。


関連ページ

教員・教師を辞めたいという人のための転職ガイド
教員・教師を辞めたいという人のための転職ガイド
同じ業種・職種でも会社によってかなりの違いも!長く働くには職場の環境も大切です
同じ業種・職種でも会社によってかなりの違いも!長く働くには職場の環境も大切です
新卒入社後8カ月で退職したけど振り返ってみるとよかった話
新卒入社後8カ月で退職したけど振り返ってみるとよかった話
副業を2つかけもちしながら、完全歩合制の音楽教室講師として修行したのち、夢だった海外ボランティアへ参加
副業を2つかけもちしながら、完全歩合制の音楽教室講師として修行したのち、夢だった海外ボランティアへ参加
図書館司書として働くも2年弱で退職
図書館司書として働くも2年弱で退職
仕事をやめて気持ちに余裕ができた
仕事をやめて気持ちに余裕ができた
適当に仕事を選んで失敗した話
適当に仕事を選んで失敗した話
在職中に猛勉強して公務員に転職!
在職中に猛勉強して公務員に転職!
人間関係が原因で同業種・同職種で転職した保育士(女性)の体験談
人間関係が原因で同業種・同職種で転職した保育士(女性)の体験談
心因性の胃腸炎などがきっかけで新卒2年目で退職した女性の体験談
心因性の胃腸炎などがきっかけで新卒2年目で退職した女性の体験談
新卒入社の会社がブラック企業で転職した男性の転職体験談
新卒入社の会社がブラック企業で転職した男性の転職体験談
新卒入社後1年で塾講師から転職した女性の転職体験談
新卒入社後1年で塾講師から転職した女性の転職体験談
残業続きの幼稚園の先生を辞めて転職した体験談
残業続きの幼稚園の先生を辞めて転職した体験談
私立高校の教師・教員から異業種に転職した体験談
私立高校の教師・教員から異業種に転職した体験談