第二新卒として転職した20代男性の転職体験談

スポンサードリンク

第二新卒として転職した20代男性の転職体験談

 

私は東海地区に住んでいる20代の男性です。

 

専門高校からの新卒で、2年間働いていましたが現在では第二新卒扱いとして他の会社で働いています

 

そんな私が転職をしようと思った理由などについて経緯などを交えながら、項目別でお話してみたいと思います。

 

現在、転職しようと考えて見える方や今の仕事を辞めたいと考えている方などの参考にして頂ければ幸いです。

 

入社時期・業種は?

 

入社したのは私が18歳の時した。いわゆる新卒での入社です。

 

従業員数が1,000人を超える中小企業で私の同期として24人が入りました。新卒を経験されている方たちの中では同期が多い方だと思います。

 

業種としては健康補助食品販売会社の財務部門として入りました。在職していた期間は約2年です。

 

入社後の悩み・退職を考え始めた時期は?

 

入社後、最初に悩んだのが上司からの理不尽な責任転嫁です。

 

そもそも私の配属先である財務部門はどの会社でもそうですが資金関係では細心の注意を払うべき部門です。

 

その為、「資金移動」・「取引先への支払・入金」などの処理をする際には必ず二重で確認をしたりしていました。

 

しかし、入社4年目の私の直属の上司は経理のそういったイロハが抜けているようで、二重チェックをしてほしいと依頼をしておいた資料を確認せずに部門長などへ提出をするといった事が多々あったようです。

 

上司がそのまま、チェックを必ずしてくれるようにするだけで問題は解決するのですが「チェックしてほしいと頼んでこい」や「確認したかどうかぐらい確認してから提出しろ」

 

などと私自身が提出をしたわけでもないのに部門全員に聞こえるように言ってきます。

 

「この上司とこれからやっていくのか」と思うと憂鬱になり、仕事が楽しくなくなりました。

 

その上司の下で1年ほどたったある日、高校の同窓会に出席しました。今思えば退職を考え始めたきっかけだったと思います。

 

同窓会には全部で100人ほどが集まり、そのうちの半数ぐらいが社会人です。当然、私が悩んでいるような問題を持っていたりする者も多くの愚痴が飛び交いました。

 

「私と同じことでなやんでいるんだな」と最初の内は安心していたのですが、入社後半年で転職をした友達の話を聞いた際に「退職をしようかな」と考え始めました。

 

その友人の話を纏めると「楽しくない仕事ならやらない方がいい」という理由で新卒で入った製薬会社を辞めたようで今は中途採用で農薬製造会社に勤めているとのことです。

 

確かに私も1年経った今でも仕事が楽しくありません。

 

生活していく上で仕方がないから退職できなかっただけでしたので「それならいっそ転職したほうがいいか」と思うようになりました。

 

⇒ 仕事にやりがいが感じられない・つまらないと感じている人へのアドバイス

 

在職中にした事・退職に踏み切った理由は?

 

直属の上司には一切頼れませんでしたので、他の部門の方々と仲良くなることを在社中はなるべくしていた。

 

理由としては上司のミスを被るわけですので、当然周囲からの扱いを改善したかったためです。

 

最初の内は「私がミスをしている」という認識でしたが、他部門の方達と仲良くなるにつれて徐々に「私の上司へがミスしているのでは」という認識になっていきました。

 

おかげで職場自体は随分と居やすくはなったのですが、上司自体は変わりませんでしたのでその場しのぎという感じです。

 

その他には自己啓発として経理分野の勉強をしていました。

 

印紙税・契約書作成の手順などについて会社の方から研修費としてお金はでましたのでセミナーや参考書で勉強をしました。

 

本来であれば1000円〜2000円する参考書や1万円以上のセミナーを自己負担無料で受けれますのでセミナー等を受けに行ける方は是非行っておくことをオススメします。

 

退職に踏み切った理由としては転職相談にいったリクルートの方の話しが良かったからです。

 

退職をしようと悩んでいた私は友人のアドバイスもあり、転職サイトであるリクルートへ相談をしました。

 

相談をしてみると退職を考えている新卒者は結構多いようで、私の場合だと数日後に転職候補をいくつかピックアップしてもらえたりもしました。

 

親身な対応や転職先の給料などが今の会社よりも良かったこと、そしてなにより上司の元からやめたかったこと等があって退職をついに決意したという感じです。

 

リクルートさんのサイトなどで募集中の仕事をスマホから5分程度で見れることや、空き時間でも相談ができること、リクルートさんからの紹介件数が多かったことなども私が転職を踏み切るに至った理由の一つでもあります。

 

⇒ 有名どころの転職エージェントまとめ

 

退職後の活動は?

 

退職前に転職の準備を空き時間で済ませておきましたので、退職の際は仕事の引き継ぎをするだけでした。

 

そのため転職後の仕事で第二新卒として働くまでの1か月の間は休息に専念することができたという訳です。

 

1か月の間は上司の元でのストレスを発散するべく旅行へ行ってみたり、自宅を掃除してみたり、友人たちと飲み会をやったり様々なことをしました。

 

「久々に楽しいを毎日を送れたな」と思いましたので退職してよかったと心の底から良かったと思います。

 

⇒ 新卒・新入社員のための会社の辞め方(退職願の書き方など)

 

現在の生活は?

 

現在は、業種は同じ健康補助食品の会社で経営企画部門として働いています。

 

月収自体も月2万円ほど前の会社より多いですので生活には不便もなく過ごしています。職場の上司も今の会社は責任転嫁などがなくいい付き合いができています。

 

新卒で入った会社と比べると退職をもう1年早く決意していてもよかったなと思います。

 

以上が私の退職・転職経験です。

 

私のように上司への悩みなどで退職を考えている方は是非「退職すべき」だと私は思います。将来への不安がある方も悩んでいるよりは転職会社などに相談をするできです。

 

かならず上手くいくとは限らないかもしれませんが、何もしないよりは間違いなくいいです、私自身がそうでしたので他所の説得力はあるかと思います。

 

ですので一度友人に相談する、転職会社に相談するなど行動を起こしてみることをオススメします。



スポンサードリンク

 

関連ページ

人間関係に悩んで新卒3年で退職
人間関係に悩んで新卒3年で退職
飲食業の店舗管理をやっていたが残業の多さなどでギブアップ
飲食業の店舗管理をやっていたが残業の多さなどでギブアップ
仕事のストレスでアレルギーが発症!仕事を変えることに・・・
仕事のストレスでアレルギーが発症!仕事を変えることに・・・
職歴が短いので在職中に転職活動をした体験談
職歴が短いので在職中に転職活動をした体験談