DODA(デューダ)を使って転職した女性の転職体験談

スポンサードリンク

DODA(デューダ)を使って転職した女性の転職体験談

 

現在30歳の女性です。2008年に総合職で大手企業に新卒入社をし3年後退職をしました。

 

携帯・インターネットを取り扱う会社で配属された部署は代理店営業部でした。当時、私はせっかく名の知れた4年生大学を出るのだから、大手企業の総合職として働いてみたいという気持ちが強くありました。

 

しかし、さまざまな壁にぶつかり精神的に辛くなり転職をしました。現在は営業アシスタントとして仕事をしております。

 

後にも書きますが、転職したことで肩の荷が下りて、私生活が充実し楽しい日々を過ごしています。転職を考えている方の参考になればと思い記述致します。

 

転職を考え始めた時期

 

新入社員研修のときに転職を考えました。研修は大きく分けて3段階ありました。

 

1つは新入社員総合職・事務職などの職種に関係なく全員で行う常識を学ぶ研修です。

 

2つ目はクラスごとに分かれ毎日出されたお題について資料作成やプレゼンをするものです。私はプレゼン等の人前で話すのが本当に苦手です。

 

紙を見ながら読み上げた発表方法しかしたことがありませんでしたので苦労しましたし辛かったです。

 

大手企業なので同期はある程度いい大学を出ていて、みんな話はできる人ばかりでしたのでクラス内で私は落ちこぼれだったと思います。

 

3つ目は配属の部署での研修です。営業部隊に配属された為、現場を知るということで販売現場研修が始まりました。

 

現場研修後はプレゼン資料を作成しお偉い方々の前で発表され、これも苦痛でこんなにプレゼンすることが多い会社なんだろうかやっていけないと転職を考えるようになりました。

 

3年続けられた理由

 

入社してすぐに転職を考えたのに辞めなかった理由は、3年は我慢しようと心に決めたからです。自分が採用側の人間で入社後1年以内に辞めた人を採用したいと思うだろうか。

 

社会人経験もなく1つのことをやり遂げらない人なら新しい会社へ移ったとしてもすぐ辞めてしまう可能性があると考えます。

 

転職後、大手企業に入れないかもしれないし私自身の職歴のためにも3年続けることが最善だと思いました。

 

その間、プレゼンスキルは先輩のやり方を真似したり、プレゼンに関する書籍を読んだり多少の努力はしました。割り切れたおかげで入社当時よりはできるようになったと思います。

 

⇒ 新卒入社後3年はどんなにつらくても・ミスマッチでも我慢し続けるべきか?

 

転職を決めたこととは

 

入社後、3年経とうとしていた頃、そろそろ転職活動を始めようと思いました。転職を決めた大きな理由は2つあります。

 

1つは、お金より時間の方を優先したいと思ったからです。営業の数字も悪くなかったので一般の大卒より給料はもらえていたと思いますが、毎日残業が続き遅いときで0時を回るときもありました。

 

入社してからフジテレビのドラマ月9は一度も見れたことがありません。

 

2つ目は昇給願望がなかったことです。上司や周りの先輩からは、同期と比較して指摘されたり将来リーダーになれないぞということを日々言われるのが嫌でした。

 

給料は多少上がる程度でそこそこもらえていれば満足な私の考え方とはまるで異なりました。

 

転職活動

 

在職中に友人の薦めでDODAに登録し転職活動を始めました。DODA登録前はエン・ジャパンのサイトから求人を見つけて応募していましたが、DODAにしてから面接回数も増えて3ヵ月以内に転職先が決まりました。

 

DODAでは転職先の条件を伝えると希望にあった企業のみ紹介してくれる為、求人を絞り込む手間が省けます。

 

DODAではエン・ジャパンでは求人広告が出ない中小企業も多く、名の知れない優良企業もたくさんあります。

 

書類選考で落とされることも度々ありますので、なるべく気になった企業には応募し面接まで進んで数をこなしていました。

 

面接後は担当者に面接状況をフィードバックすることでDODA担当者から企業へ入社希望度合などのフォローが入りますので希望が高い企業があれば自分を押してもらうことができます。

 

DODA以外の他社のフォロー体制や求人状況等の詳細は分かりませんが、DODAで現在の会社と出会うことができましたので満足しています。

 

⇒ DODA(デューダ)の評判・口コミを要チェック!

 

現在の状況

 

私は前職の営業経験を活かして商社で営業アシスタントとして仕事をしています。

 

前職と比較をすると年収が100万以上減りましたが、数字を追わされない職種、プレゼンが全くない業務内容、ほぼ毎日定時に上がれる環境に大変満足しています。

 

前職では会社の携帯を持たされ、休み関係なく毎日ひっきりなしに電話がかかってくるため常に頭の片隅に仕事のことがあり休んだ気になれませんでしたが、そのような責任もなくなり仕事とプライベートをきっちり分けて過ごせるようになりました。

 

食生活が不規則で入社後増えた体重も元に戻り友人からは痩せたとか綺麗になったと言われることもありました。

 

3年続けるのは本当に大変でしたが、頑張ってきたからこそ、その経験が買われて今の仕事に就くことができました。辞めたいという気持ちが先行してしまうと決まるものも決まりません。

 

まずは辞める理由、辞めた後にどうなりたいか等を考えるべきだと思います。私は入社後すぐに転職したい気持ちがあり3年待ったという特例ですがこれから転職される方の参考になれば嬉しいです。



スポンサードリンク

 

関連ページ

ネット関係の会社に入社するも、労働環境の劣悪さから転職
ネット関係の会社に入社するも、労働環境の劣悪さから転職
自分のやりたいことを求めて転職したシステムエンジニアの話
自分のやりたいことを求めて転職したシステムエンジニアの話
女性同士の付き合いに疲れて退職
女性同士の付き合いに疲れて退職
契約内容と違う形で雇われているなら次の一手を打つのもあり!
契約内容と違う形で雇われているなら次の一手を打つのもあり!
妊娠で退職しなくてはいけなくなった話
妊娠で退職しなくてはいけなくなった話
求められる仕事のレベルについていけずに退職
求められる仕事のレベルについていけずに退職
なりたいキャリア像を描けず入社2年目で退社
なりたいキャリア像を描けず入社2年目で退社
適応障害との診断を受けて退職・転職した話
適応障害との診断を受けて退職・転職した話
自分のやりたいことを優先させて短期離職した女性の体験談
自分のやりたいことを優先させて短期離職した女性の体験談
異常な職場環境・入社した会社がブラック企業かどうかは周囲に相談することでわかる
異常な職場環境・入社した会社がブラック企業かどうかは周囲に相談することでわかる
システムエンジニアとして働き始めたものの激務で耐えられずに転職
システムエンジニアとして働き始めたものの激務で耐えられずに転職
直属の上司からいじめられるようになって退職した体験談
直属の上司からいじめられるようになって退職した体験談