女性同士の付き合いに疲れて退職

スポンサードリンク

女性同士の付き合いに疲れて退職

 

『基本データ』

 

性別:女性

 

いつぐらいに入社したのか(西暦)+在職期間:2000年位に入社した会社を1年半で退職

 

業種・職種:公的機関のデータ入力を専門とする会社で、データ入力作業

 

入社後に悩んだこと

 

入社してから分かったことですが、女性ばかりの職場でした。

 

もちろん社内には男性もいるのですが、データ入力を主とする私の在籍していた課は課長以外はすべて女性という環境。

 

公的機関の情報を扱うということで、社内のセキュリティがしっかりしていたので、課が違うとほとんど顔を合わせることもなかったため、男性が職場にいるという感覚がありませんでした。

 

入社したての頃は、女性ばかりで気楽でいいかなぁと思っていたのですが、とんでもありませんでしたね。

 

女性だけという特殊な環境とプラスして、給料が1年ごとに行われる社内テストで上下するシステムだったこともあり、社内はどこかギスギスしていました。

 

影で誰かの悪口を言うのは日常茶飯事。それがめぐり巡って、自分の番は明日か明後日かの違いだけ、というようなかんじでした。

 

実際、私に対する悪口も聞いたことがあります。

 

なので、表面では当たり障りなく会話しても、影では悪口言われてるんだろうなーと思いながらの人付き合い。

 

女性だけの職場って、こんなに大変なのかと痛感しました。

 

とにかく、ドラマのように「あの人があんなに成績がいいわけがないから課長に取り入っているんだ」とか「コネで入ったから給料がいいんだ」とか「ズルしてるんだ」とか。

 

成績がよくて、給料が高い人ほどやっかみの対象になります。

 

私はどうしてそんなに他人のことが気になるのか、足を引っ張り合うことがバカバカしくて仕方ありませんでした。

 

⇒ 人間関係が嫌で仕事・会社を辞めるのはあり?それともなし?

 

退職を考えるようになった理由

 

仕事内容が嫌だったわけではありませんでしたが、こんなところにいたら人間不信になると思い退職も考えました。

 

ただ、よく3年は我慢しろとか言いますし、私自身せっかく新卒で入った会社をすぐに辞めるのもいい印象がなかったので、踏み切れませんでした。

 

⇒ 新卒入社後3年はどんなにつらくても・ミスマッチでも我慢し続けるべきか?

 

そんな時に同僚が妊娠し産休を取ることに。

 

その同僚は上辺だけの付き合いの多い職場で唯一、信頼できて腹を割って話せる相手でした。

 

どんなにギスギスした職場でも、その同僚がいたから辞めるところまでいかなかったんだと思います。

 

退職に踏み切った理由・決定打

 

同僚がいなくなる、と思った瞬間、あっダメだなと思いました。一人ではこの職場で頑張れないなと。

 

それからは、休み時間や半休を使って転職先を探し、同僚が産休に入ってすぐに退職しました。

 

もちろん、同僚には相談して報告しました。

 

それまでは踏み切ることが出来なかったのですが、ああダメだなと思ってからの行動は早かったです。

 

退職を決意してからの会社が一番楽しかったかもしれません。

 

退職した後に考えたこと・実行したこと

 

何を言われようと、もう数ヶ月後にはさよならする人たちなので、むしろ嫌味には嫌味で返すくらいの余裕がありました。

 

運がいいことに、在職中に転職先が見つかったのも、退職を後押しする結果となりました。

 

1年半しか在籍していなかった会社ですが、今となってはいい経験をさせてもらったなと思っています。

 

仕事内容うんぬんよりも、人間関係のほうが仕事をしていく上で重要ではないかと思います。

 

一緒に頑張れる仲間が居ないというのは、なんともわびしいというか寂しいものです。

 

その会社の雰囲気とか、人間関係とか、そういうものはすごく大事だなと思いました。

 

入社前に会社の雰囲気など知ることが出来るシステムがあればいいのになあと思いましたね。

 

私の場合がまさに、会社や仕事内容に不満があったわけではなくて、人間関係のみがネックだったので。

 

ただよほどでない限り、会社の雰囲気が変わるというのは難しいのかもしれません。

 

会社の雰囲気というのは、すなわちそこにいる社員によるものなので。

 

実際に私が退職してから数年後に、私が退職した会社に偶然にも友達の妹が入社したんですが、やはり私が在職していた頃と変わっていないようでした。

 

友達の妹も1年程で退職してしまったと聞きました。

 

退職者が多いということは、人材が育たないということです。

 

私が辞めるときに課長が、慣れてきた頃にみんな辞めちゃうよなと愚痴をこぼしていたので、ハッキリと職場の雰囲気にはついていけませんと言いました。

 

それで変わってくれるとは思いませんでしたが、仮にも自分が入社した会社が何の変化もないと思うと寂しいですね。

 

⇒ 女性向け転職サイト・エージェント

 

現在どのように過ごしているか

 

今は、転職した会社で長く働いています。

 

もちろん嫌なことも時には辞めたくなることもありますが、以前の会社のギスギスした雰囲気を思い出すと頑張れます。まだまだ全然マシだなと思えますから。

 

それと、前回の失敗を考慮して、男性の多い職場を選びました。

 

男性なのできつい口調の人もいますが、慣れてしまえば女性ばっかりよりはるかに楽です。

 

裏表が無いので、女性同士のときのようにドロドロした雰囲気にはなりません。

 

全員がそうとは限りませんが、私には今の職場が合っているようです。

 

もちろん女性だけの職場でも楽しいところもあるでしょうし、同姓同士のほうが楽な人もいると思います。

 

ようは自分に合った職場を見つけることが大事なんだと思います。

 

2年、3年と我慢してやっぱりダメですとか、体壊すくらいならば、入社すぐであっても、さっさと退職して次を見つけるのもひとつの手段だと思います。



スポンサードリンク

 

関連ページ

ネット関係の会社に入社するも、労働環境の劣悪さから転職
ネット関係の会社に入社するも、労働環境の劣悪さから転職
自分のやりたいことを求めて転職したシステムエンジニアの話
自分のやりたいことを求めて転職したシステムエンジニアの話
契約内容と違う形で雇われているなら次の一手を打つのもあり!
契約内容と違う形で雇われているなら次の一手を打つのもあり!
妊娠で退職しなくてはいけなくなった話
妊娠で退職しなくてはいけなくなった話
求められる仕事のレベルについていけずに退職
求められる仕事のレベルについていけずに退職
なりたいキャリア像を描けず入社2年目で退社
なりたいキャリア像を描けず入社2年目で退社
適応障害との診断を受けて退職・転職した話
適応障害との診断を受けて退職・転職した話
自分のやりたいことを優先させて短期離職した女性の体験談
自分のやりたいことを優先させて短期離職した女性の体験談
DODA(デューダ)を使って転職した女性の転職体験談
DODA(デューダ)を使って転職した女性の転職体験談
異常な職場環境・入社した会社がブラック企業かどうかは周囲に相談することでわかる
異常な職場環境・入社した会社がブラック企業かどうかは周囲に相談することでわかる
システムエンジニアとして働き始めたものの激務で耐えられずに転職
システムエンジニアとして働き始めたものの激務で耐えられずに転職
直属の上司からいじめられるようになって退職した体験談
直属の上司からいじめられるようになって退職した体験談