契約内容と違う形で雇われているなら次の一手を打つのもあり!

スポンサードリンク

契約内容と違う形で雇われているなら次の一手を打つのもあり!

 

『基本データ』

 

性別:男性

 

いつぐらいに入社したのか(西暦)+在職期間:2006年5月〜2009年4月

 

業種・職種:技術系派遣

 

入社後に悩んだこと

 

元々技術職に就きたく、派遣という形態を取って大手企業の業務に携わりました。

 

ただし、やはり派遣業な為契約期間があり、期間の満期を迎えると別の契約の所へ移ります。

 

これは私自身の生活は関係なく、全国様々な場所へ配属がコロコロ変わるんです。

 

また景気が悪くなれば、配属先がなくなり、自宅待機や退社を言われることもあるようで自分の生活が安定せず、非常に不安に思うようになりました。

 

実際に私の同期に自宅待機で給料があまり貰えない、退社を言われた人もいましたね。

 

また昇給、賞与に関しても自社と配属先の評価の二つで決まってきます。

 

ただし配属先の評価より自社の評価の割合が大きく、いくら売り上げに貢献しても自社の上司の評価が重要になっていました。

 

その上司は自分の担当の人は評価が高く、自分以外の担当の人は評価を低めにつけているそうです。

 

その上司の担当以外の人は基本的にその上司に会うことが出来ず、結局昇給、賞与がよくないというのが現実なんですよね。

 

在職中にやったこと

 

そんな中私は入社2年ぐらいの頃に転職を考え出しました。

 

まずは転職サイトに2つ程登録をし、気になる会社や自分の今までの業務内容を活かせる会社を探しました。

 

また合わせて自社の営業職の人に自分が入れそうな会社の相談や、それまでに出来ること等の相談もしていました。

 

⇒ 後悔しないために使っておきたい転職サイトまとめ

 

くわえて、転職と併用して自己啓発にも力を入れることに。

 

自己啓発の本を読む機会が増え、自分の仕事内容に近いもののセミナーにも参加するようになりました。

 

セミナーに関してはやはり平日にやっていることが多かった為、配属先の上司に相談して業務に支障がない場合は有給を取って参加するようにしました。

 

また勉強の一環として、自身の業務内容の資格から一般的にExcel等についても取得。

 

資格に関しては現状資格自体は何かに役に立ったという訳ではないですが、取得するまでの勉強したことは役に立ったと感じています。

 

転職活動の進行具合

 

転職活動に関しては、やはり入社して2年では実力もあまり付いてないことから順調には進みませんでした。

 

転職サイトでは事前資料でほとんど弾かれてしまい、面接もロクに行かないことばかり。

 

面接に行っても自分より即戦力の方が多く、不採用が続きました。

 

この頃の不採用が続いた時が、精神的に一番つらい時期でしたね。

 

不採用を見ると転職を諦めてしまうべきか悩んでしまうぐらいでした。

 

転職先が見つかる

 

しかし友人の知人の会社で人を募集しているということを聞き、紹介を受けて面接に行くことに。

 

その後その会社からは採用の通知をいただきましたが、元々配属先での契約が3年でした。

 

3年の満期してから退社をし、新たな会社へ入社。

 

新しい会社には入社を少し待っていただいた形になった為、退社したらすぐに入社することにしました。

 

しかし転職のタイミングで融通が利かせれそうなら、休みを2週間程取ればよかったと思います。

 

また、転職にあたって引っ越しをすることになりました。

 

勿論引っ越し先は事前に見つけておりましたが、引っ越し作業は土日の間に行うことに。

 

また引っ越し先での整頓や必要なものを揃える必要も。

 

他にも転出届、転入届、住所変更とやることが思っていたよりあり、非常に苦労しました。

 

今思えば、そういった準備と新規一転のリフレッシュの為、2週間程の準備期間を作ればよかったと後で思いました。

 

転職したものの・・・

 

その後新しい会社に入社しましたが、結局新しい会社も自分にとっては良くありませんでした。

 

まず、入社して初めての給与を貰うと入社を決めた時の契約の給与より少ない給与・・・

 

研修期間は別ということで1年間はかなり少ない給与となりました。

 

また残業代に関しても当初の契約の決めことから大きくことなり、サービス残業は月100時間は当たり前にするということが後々分かりました。

 

その後この会社を紹介してくれた友人に会って近状報告をするとその友人も聞いていた話と違っており、怒ってましたね。

 

友人は会社の社長と元々知り合いだった為、その話をしたところ気が変わった等適当なことを言われて絶縁。

 

そして私は社長から大目玉を喰らい、会社に入れなくなりました。

 

転職はやはり契約内容と違うことがあったりして違和感を感じるようになったら、自身の保険を掛けるべきだと思います。

 

はじめの派遣会社では上司の気分で給与が変わり、いつまで経っても安定した生活が送れず、その後の会社では契約内容と違う業務実態で社長の気分次第で大きく変わってました。

 

中には事前に分かるものもあるとは思いますが、中には入った後でしか分からないこともあると思います。

 

勿論仕事上で色々理不尽な事や違和感を感じることはあるとは思いますが、契約内容があやふやになったと感じるようになったらもう次の手を打つべきだと思うようになりました。



スポンサードリンク

 

関連ページ

ネット関係の会社に入社するも、労働環境の劣悪さから転職
ネット関係の会社に入社するも、労働環境の劣悪さから転職
自分のやりたいことを求めて転職したシステムエンジニアの話
自分のやりたいことを求めて転職したシステムエンジニアの話
女性同士の付き合いに疲れて退職
女性同士の付き合いに疲れて退職
妊娠で退職しなくてはいけなくなった話
妊娠で退職しなくてはいけなくなった話
求められる仕事のレベルについていけずに退職
求められる仕事のレベルについていけずに退職
なりたいキャリア像を描けず入社2年目で退社
なりたいキャリア像を描けず入社2年目で退社
適応障害との診断を受けて退職・転職した話
適応障害との診断を受けて退職・転職した話
自分のやりたいことを優先させて短期離職した女性の体験談
自分のやりたいことを優先させて短期離職した女性の体験談
DODA(デューダ)を使って転職した女性の転職体験談
DODA(デューダ)を使って転職した女性の転職体験談
異常な職場環境・入社した会社がブラック企業かどうかは周囲に相談することでわかる
異常な職場環境・入社した会社がブラック企業かどうかは周囲に相談することでわかる
システムエンジニアとして働き始めたものの激務で耐えられずに転職
システムエンジニアとして働き始めたものの激務で耐えられずに転職
直属の上司からいじめられるようになって退職した体験談
直属の上司からいじめられるようになって退職した体験談